FUNKY TEXT

FUNKY TEXT Chapter XYZ(最終回)

いよいよ最終回、XYZです。
ファンクじゃありませんが、ファンクと深い関係のあるラテンからXavier Cugat(ザビア・クガート)を紹介しましょう。

「ルンバの王様」ザビア・クガートは、かの有名な「マンボ No.5」ペレス・プラードと並ぶラテンの2大バンマスです。どちらもダンスミュージックとしてのラテン音楽を極めた偉人です。

ザビア・クガートは1900年スペイン生まれ。幼くしてキューバへ、さらに15歳でニューヨークに移住しそこで本格的に音楽活動を始めました。
クガートの音楽は、ペレス・プラードのような熱い音楽とは対照的でええ感じにこなれており、ちょいとアーバンな雰囲気があります。それは恐らくそんな彼の出自に関係するものと思われます。

*Latin Best Applause Perez Prado & Xavier Cugat

で聴き比べるとよくわかり楽しいです。

次はYかぁ…
んーYoung Holt Unlimitedですかねえやはり。
これまたファンクではありませんが、ええノリ出してますわ。
HIPHOPサンたちが好きそうな、いなたい感じのグルーヴは唯一無二でしょう。
さらにメロがまたキャッチー!ガッチリ持って行かれますわ。
*Soulful strut
*Wack wack
で決まりでしょう。

ラムゼイ・ルイスさんとこで修行中に出た傑作ライブ「The In Crowd」も必聴です。ブルージー&グルーヴィー。ルイスさんの真っ黒けなピアノvsYoung-Holtのリズムセクションのがっぷり四つ。

酒が進みそうです。


締めくくりはのZappの登場だ!たっぷり紹介させて頂きます。

Roger Troutman率いるZappは、ぶりぶりのボコーダーと、コテコテのシンセサウンドが看板の大所帯バンドです。1980年に、ブーツィーのプロデュースによる名盤"Zapp"を出し、その筋から絶賛されました。
気をよくした彼らは、調子に乗ってこれまた大傑作"Zapp Ⅱ"を出します。その後Ⅲ、Ⅳ、Ⅴibeとアルバムを重ね、一躍ファンクバンドの有名どころとなりました。

このバンドの魅力は、どうしようもなくエレクトリックな音を、どうしようもなく人間くさく聴かせてしまうところでしょう。初期の名曲
*More bounce to the ounce
*Freedom
*Brand new pplayer(pは重ねます)

が、Zapp流クール・ファンクの真骨頂です。
特に「More bounce~」はいつ聴いてもさぶいぼモンです。

*Dance floor(東京にいた頃「レ」でよくかけてもらいました)
*Doo wa ditty
*I can make you dance
*Heartbreaker
*Itchin' for your twitchin'

あたりはZappファンクの完成品達です。くどいようですが、ファンクの基本はブルーズにあります。そういう意味ではZappというのは、音こそエレクトリックですが、ブルーズ色を非常に濃く出しているといえます。

また、Roger Troutmanというおっさんがコテコテの芸人でして、ライブはめっちゃ盛り上がります。私は2回見に行きましたが、2回ともお釣りが来る位盛り上がってしまいました。

そんなRogerは1999年、アニキのラリーに銃で撃たれて死んでしまいました。何があったかわかりませんがあまりに悲劇的ではありませんか。もうあのショーマンシップ全開のライブが見られないと思うと残念でなりません。

Roger Troutmanは、ソロアルバムもいくつか出しています。中でも有名なのが、
「I wanna be your man」です。
ソウルのツボをバッチリ押さえた名曲です。勿論ボコーダー全開です。
ソロでのデビュー作「The many facets of Roger」ではJBの「Papa's got a brand new bag」や、マーヴィン・ゲイの「I heard it through the grapevine」をカバーしています。
こちらもオススメですよ。

で、Zappのオススメアルバムは
Zapp Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ
です。Ⅳ以降はちょっとなぁ…って感じですね。悪くはないんですが先の3枚が良すぎて…


Funky Text、何とか最終回に辿り着きました。いかがだったでしょうか?

「アレは何で載せへんねや!」
とか
「あの評は承服しかねる」
とかいろいろあると思います。そんな時はお便り下さいませ。
私とてまだまだ漁りが足りませんので、いろいろ教えて頂きたいと思います。

今年も既に何枚か仕入れていますので、その中からぼちぼち紹介して行こうと思います。
今年一発目の収穫はスリッカフォニックスの1stと、キャノンボール・アダレイの「Pyramid」です。
こういったところを次回ピックアップしようと思います。

また、去年やったCD-R企画を今年もやろうと思います。そのためのリストアップも
しないといかんなぁ…

お楽しみに!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

FUNKY TEXT Chapter W

もうこれはWarしかありません。パーカッションを多用するバンドで、ラテン色が濃いのが特徴です。

…というのが一般的なWarの位置づけです。確かに音はそうなんですが、スピリチュアルな部分にはあまり触れられてはいないようです。
此れはもう感覚の世界なので、「私はそうは思わない」と言われればそれまでですが、あえていうと、「黒人音楽の最高峰」の一つがWarであると思います。ブルーズ、ジャズ、ソウル、ファンク…を見事なまでに消化し、独自の黒い世界を紡ぎ出しています。Pファンクや、サン・ラに通じる「宇宙」があります。

そんな大袈裟な事はこれくらいにして、曲の紹介を…
* The cisco kid
* the world is a ghetto

はマストです。「どファンク~」という感じではないですが、ジワジワとくるものがあります。濃いでっせ~。アルバムは
* The world is a ghetto
* Warlive
でしょう。とくにWarliveは、P-Funk earth tourと並ぶ、ファンクのライヴアルバムの大傑作の一つです。

それからWild cherry。彼らはAWB(A-Funk参照)同様、白人のバンドです。
一発屋の彼らの大ヒット
* Play that funky music
は絶対に外せません。これも不朽の名作ですね。

WildつながりでWild Magnolias。インデアン。極めてファンキー。
南部なんですがミーターズやネヴィルらとは異なり、よりスピリチュアルな、より土着的な音楽です。これがファンクの源流なのかもしれません。
こともあろうに1stはまだ聴いたことがありませんが(入手は容易です)、
* They Call Us Wild (2nd)
* 1313 Hoodoo Street (Bo Dollis & WM名義、ライヴ)

は持っています。とにかく濃い!チャント(call & response)がたまりません。
ホンマモンだけが持つ、飾りのないナマのグルーヴの洪水です。
こんな格好で眼前でファンクやられたら気絶するかも…

1313~には、ついにニューオリンズに移住してしまった山岸潤史が参加、これまたイケイケなギターを弾きまくってくれてます。痛快です。

どれか一つ挙げるとすれば
* Injuns here they come
ですね。じわっと来るドス黒さが病みつきになります。

最後にWeldon Irvineを。
彼はどちらかというとジャズ畑の人で、ニーナ・シモンに曲を提供したりツアーに参加したりしていました。当時から作曲には定評があり、巨匠ホレス・シルヴァーから
「ピアノはヘタやけどええ曲書きよるわ」
と言われたそうです。そらあんたは上手やわ!

詳しい話はここを見て頂くとして…
そんな彼が3000ドルの借金で、Nodlew(weldonの逆)という自主レーベルを作って1972年に
* Liberated Brother
でデビューしました。レコードは激レアですが、昨年P-VineがCDで再発してくれました。エライ!
以降順調にリリースを重ね、79年までに合計7枚のアルバムをリリースします。その後15年ほどは不遇の時代でしたが、アシッド・ジャズやヒップホップの連中からのリスペクトに応える形で再度表舞台に復帰します。
そんな矢先、2002年4月に拳銃自殺で59年の生涯を突然閉じてしまいました。

最も脂がのっていた~76年はどのアルバムも良い出来です。とにかく全部聴きましょう!
( )内はオススメの曲です。

* Liberated Brother(Mr. clean, Homey, Sister sanctified)
* Time Capsule(Feelin' mellow, Soul sisters, Watergate---Don't bug me!, Bananas)
* Cosmic Vortex(Walk that walk;Talk that talk, Cosmic vortex)
* Spirit Man(We gettin' down, Pogo stick, Jungle juice)
* Sinbad(Sinbad, Do something for yourself, Music is the key)

代表曲といえばこれはもう
* We Gettin' Down
でしょう。ATCQが名曲「Award Tour」で使ったことでWeldon Irvineの方が大ブレイクし、以降ヒップホップ連中に神と崇め奉られるようになったんですから。
* Sister sanctified
も結構カバーされていますね。これって彼の曲やったんや。

彼のアルバムは、古いものほど内省度が高く、新しいものほどコマーシャル度が高いような気がします。
借金してまで自分のやりたいことをやった1stと、豪華な客演(Steve Gadd, Brecker兄弟etc.)
でソウルのカバーなどを盛り込みながら、「Music is the key」のような、初期の作品を髣髴とさせるような曲もやったりなSinbadを比べても仕方ないのですが、彼が本当にやりたかったことは初期の2枚で全て出し尽くしていたような気がしてなりません。

自分の哲学と商業主義の狭間で悩み抜いて出した結論が自殺という形ならば実に悲しいことです。

そう考えると「Liberated Brother」とは何とも深過ぎるタイトルですわ…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

JBが

逝ってしまったようです…

あかん 何も手につかん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FUNKY TEXT Chapter U

スーパーダンサブルスカファンクバンド

The Untouchables(UT's)

今でこそスカはメジャーになりましたが、当時このようなバンドが出ることは画期的なことでした。
フィッシュボーンやレッチリが現れたときも強烈でしたが、それに通じる荒くれたかっこよさがあります。
ちなみに金の字はフィッシュボーンとレッチリの大ファンでもあります。そういやこいつらみんなLA出身。
でまた同じような時期にデビューしてますね。偶然かな?

オススメのアルバムは
*Wild child
*Dance party(ミニアルバム、レア)
*A decade of dance - Live

です。必ず踊れます。曲は

*Wild child
*Freak in the street
*Free yourself
*Soul together
*Hey UT's

がオススメです。洒落ではないがスカしてる。ジャケット写真のようなとぼけたスパイのような感じが音楽によく表されています。

↓試聴できるリンク

↓収録曲数が多くて価格の安いリンク

彼らは85年にStiffからアルバム"Wild child"でデビュー。このStiff、実はここからマッドネスやスペシャルズ等の、
スカをベースにしたロック(パンク)バンドたちが出ています。いわゆるTWO TONE。
時代は'80年初頭、「ポスト・パンク」というムーヴメントの中、Stiff連中が登場したのと同じ頃にザ・ポリス、ザ・ジャム等が出てきます。

一方、パンク野郎たちはどんどん失速していってしまいます。レゲエを取り入れたりして健闘していたザ・クラッシュもあえなく解散、リーダーのMick JonesはBig Audio Dynamite (BAD)という、レゲエとファンクを
意識したユニットを作りますがこれもパッとしない。かっこいいんですけどね。

そういった時代にスカを引っさげ、スペシャルズやマッドネスの路線を歩みながらファンク度をググッと増幅したのがThe Untouchablesなのです。

黒さが違う、とでも形容しましょうか、シンプルでカッコイイ、爽快で潔いGrooveがあるんですなぁ。
まあ聴いてみて下さい。残念ながら彼らも86年にもう1枚アルバムを出し、その数年後にライブアルバムを出したっきりで消えてしまいましたが… 早すぎたかUT'sよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FUNKY TEXT Chapter T

ナニをさて置きワシントンDC限定流行のGo-Goの顔、Trouble funk。
ファンク度、コールタール度共に5つ星。
Go-Goとはリズムの種類で、強靭なシンコペと6連のフィルイン、そして雨あられの如きパーカッション、というのが標準装備です。代表曲は
*Drop the bomb
*Let's get small
です。こういうモノこそライブが絶対に面白い。大昔に見ましたが、曲がすべてメドレーで、1曲(1メドレー)30分で5つ、合計2時間半踊りっぱなしという、とんでもない体力勝負を強いられてしまったことがあります。でも最高にノリます。

もうねえ、音楽は肉体でやるもんだと痛感させられますよ。
こいつら多分ほとんどモノ考えてません。ベース歯でチョッパるし。

アルバムは
*Drop the bomb
*In times of trouble
がオススメです。

Go-Goといえばここでも触れたように、開祖としてはChuck Brownですが、それをフォローしたのが彼らでありEUであるわけです。

ワシントンDCがGo-Goで盛り上がる一方で、NYではこんなことが起こっていました。
この流れのすぐそばで、ファンクを巧みに取り入れた独自の路線でユニークな音楽を創造しているグループがありました。

鬼才デビッド・バーン率いるアート集団

Talking Heads。

そうです。Stop Making Senseのあのトーキング・ヘッズです。

大至急CD屋に向かい、アルバム「Remain In Light」を購入し激しく聴きなさい!

そして驚きなさい!

ブライアン・イーノが凄腕なだけじゃない。確かにバーニー・ウォーレルのファンクが効いてるとは思いますがその程度じゃない。これはもう、ツェッペリンと並び称されるべき「どファンクロック」ですね。
それが済んだらすかさず「Speaking In Tongues」を聴き、深みにはまりましょう。
仕上げはライブアルバム「The Name of This Band Is Talking Heads」。昇天確実。
ワタシは「I Zimbra」でノックアウトされました。まいった。

その後にデビューアルバム「Talking Heads '77」から聴いてみましょう。ちょっと聴いただけでは同じバンドとは思えません。ポスト・パンクとかアート集団とか言われていた時期です。
「ちょっと変わったロックをやる人達」だったヘッズが進化するさまが面白いですよ。

とにかくRemain In Lightを聴かないと始まりません。全編コレどファンク。
昔バンドの仲間と内輪ライブで「Once In A Lifetime」を演奏しましたが、仲間であるはずの客がドン引きしてたのを憶えています。「さっきのなにあれ~」みたいな事言われて泣きそうになりました(笑)

ヘッズ=デビッド・バーン&ブライアン・イーノと思われがちです。正解です。
でも実はヘッズのファンクを叩き出しているのは、ジェリー・ハリソンの鍵盤とティナ・ウェイマスのベースだと思うのです。そこに実直なクリス・フランツのタイコが乗り、バーン先生の神経質かつ上ずった声が添えられるとあんな感じになるんだと思います。そこはかとなく、どファンク。

あと挙げるとすればTower of Powerなんですが、あまりなじみがないんですわ。
何年か前にブルーノートで見たときは確かに良かった。うん。Squib Cakeが始まった瞬間に踊ってました。昔のライブアルバムも結構いいんです。

でも何か物足りない。アルバム1枚聴いた後の爽快感がないんですわ。
なんかこう、難しいことやってんなあというのが先に来てしまい、楽しめない。
バランスが取れすぎてるんかなあTOPは。TOPファンの方ごめんなさいね。
ガリバルディもロッコも上手なんですよ。凄いんですよ。あんな事出来ませんよ。

でもね、アタイはスラロビやヘッドハンターズ、ミーターズが 好き!


| | コメント (6) | トラックバック (0)

FUNKY TEXT Chapter S

Stevie Wonder。"I just call~"な方が多く、ソウル/ブラコン系に思われがちですが、
結構、いやかなりのファンクを聴かせてくれます。その代表曲が超有名曲
*Superstition
です。他にも、ゴリゴリのどファンク、キーボードうにうに系の
*Black man
この曲、強烈なメッセージ性を持っています。歌詞がさぶいぼモン。

それから、情熱的かつ哀愁漂う女々しい曲(曲はめっちゃカッコエエ)
*Another star
など、今の彼からは想像し難い曲が盛りだくさんです。

余談。Another Starはジャズ・ディフェクターズのカバーが激渋!必聴!

オススメアルバムは
*Talking book(Superstition収録、ジェフ・ベック参加)
*Songs in the key of life(邦題:キー・オブ・ライフ)
*Innervisions
です。昔のキーボードの音ってええなあ、ファンキーで。

もう1組、こちらはめっちゃマイナーですが、Side effectを紹介します。
ジャズ・ファンク系ですが、曲がカッコええんでここで取り上げました。
*Always there
*Goin' bananas
が有名です。Vocalの女性がパンチのある声をしているので、聴いててキモチイイですよ。

そしてSly&Robbieでしょう。
レゲエな彼らもいいですが、シモンズ&ロックイットなハンコック&豪華客演を盛り込んだ必殺どファンク大名盤

は墓場まで持って行きます。世界最強のリディム・セクションといわれる彼らの、Zappにも通じる
「どうしようもなくエレクトリックな音をどうしようもなく泥臭く演奏する」
真骨頂がいかんなく発揮されています。全曲いいですが、敢えて挙げるとすれば
*Make'Em Move
*Black Satin
です。マイルスオリジナルのBlack Satinは実に熱っぽいですが、こっちはクールかつアーシーでこれまたええ感じです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

FUNKY TEXT Chapter Q&R

Pファンク系でQuazarというバンドがあるんですが


持ってない!

入手次第紹介します。というわけでQは後回し!

で、R。Rick James。ソウルの名門、Motownが生んだ本格派ファンカー。陰部を異様に強調したワイセツなファッションがやけに目を引きます。「ええモン持ってまっせ~」って感じです。大ヒットの
*Super freak
はあの(ヒトは今…)MC Hammer が"You can't touch this"でモロにパクって再燃しました。一時どっちがオリヂナルかわからん状態でした。他にも秀逸な
*Bustin' out
*17(Seventeen)
等も強力。甘茶系バラードも得意です。これがまたヤラシイんだ。必聴。

あとはRipple。
*Got to get your own
*I don't know what it is but it sure is funky
はレア・グルーヴの代表曲。踊れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FUNKY TEXT Chapter P

P-Funkです。といってもParliamentとFunkadelicは既にイヤというほど書いたので割愛!

まずはこの人、Prince。
JB以降の黒人音楽史上最重要人物の一人。JBのファンクネスを最も正しく継承しているのがPrinceだと私はそう思います。

彼は70年代末にデビューして、しばらくはねちっこいエッチな路線でその特異なキャラを押し出していましたが、一転、ソリッドなファンクに没入していきます。
そのキーとなるアルバムが
Sign 'O' the times
です。シンプルで強いファンク、結構はまりますよ。
おすすめは
*Sign O' the times
*Housequake
*U got the look
です。この後も
*Black album(当時は海賊版が出回って結構話題になりました)
*Lovesexy
等、クオリティーの高いアルバムを次々と出します。そして「記号化」騒ぎの後、自分の過去を葬り去ろうとし、またPrinceを名乗ってます。ええ感じです。
ミニマルにして必要十分。無駄を一切省いたように聞こえますが、果てしない「削ぎ落とし」作業の結果なんでしょう。いつ聴いてもスリリングです。

そして70's Funk のPといえばこのグループ、Pleasureです。
*Bouncy lady
*Joyous
がおすすめです。どちらかといえばジャズ・ファンクの部類に入れられます。演奏がしっかりしてるからでしょうかねえ。今ではアルバムを探すのに一苦労でしょう。私はたまたまベスト盤のCDを見つけたので迷わず買いました。

Pointer sistersも是非紹介しておかなければなりません。ニューオリンズ軍団やヘッドハンターズが全面協力した大傑作アルバム"Retrospect"から
*Yes we can can
*Chainey do
は金の字大プッシュのファンクです。Chainey doはカッコ良すぎて死ねます。
この姉妹、歌メチャうま!コーラスもバッチリやし、こんだけ歌えたら気持ち良かろうて。
さらに"Live at Opera House"という、壮絶なライブアルバムがあります。失禁。

最後にキワモノ、Pharaohsを。
オレンジ色のバックにスフィンクスっぽいラクガキタッチの絵が描かれたジャケにクラクラしつつ衝動買いした"Awakening"。70年代前期アフロ回帰型どファンクでございます。
ベーシストがバンド全体を引っ張ってますね。ブリブリですわ。
アルバムはAwakeningと、"In the basement"。basementはライブっぽい感じで、スローでじわっとくる曲が多いです。名曲"People make the world go round"のユル度★★★★★。
Awakeningから
*Dambala
*Black Enuff
*Freedom Road
*Great House
がオススメです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

FUNKY TEXT Chapter O

O-Funk筆頭は、Sugarfoot様率いるOhio playersです。コッテリエッチなジャケットを見て生唾の出ない人はいないはず。中味もバッチリ、エグいファンクが満載です。その名の通り、オハイオ出身のグループで、Zapp(Zで詳述)なんかと同郷です。この土地は結構多くのファンカーを生み出しているようです。

オハイオ・プレイヤーズのトレードマークは何と言ってもSugarfoot様の野良猫声です。
「ミィ~ヤォゥン」
てな感じの、シャウトとも、呟きともいえない「合いの手」がコテコテ度を増幅しています。
*Fire
*Skin tight
*Who'd she coo?
がマストでしょう。

オハイオのファンクには駄作がないのが魅力です。アルバムは
*Fire
*Honey
*Jass-ay-lay-dee
がマスト。お手軽に楽しむならベストアルバムの
*Gold
がオススメです。

続いては、アフロ・ファンクの雄、Osibisaの登場です。アフロとサイケが入り混じったジャケットが目を引きますが、中味はコテコテのアフロ。それでいてファンキー。これはいけます。アルバム"Happy Children"から
*Fire
がオススメです。

他には金の字大好きソウル系のO'jaysの
*Backstabbers
*I love music
*For the love of money
等のディスコ定番アイテムを挙げておきましょう。
ちなみに、For the love of moneyもいろいろカバーされていまして、特にデファンクトのカバーはバッキバキの大暴走ファンク仕立てです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

FUNKY TEXT Chapter N

The neville brothersの登場です。今やニューオリンズポピュラー音楽の顔。
老舗ではアラン・トゥーサンやドクター・ジョンといった人たちが鎮座ましましています。
当然ネヴィルズも、前に紹介したミーターズも、このあたりとは密接な関係を保っています。

The neville brothersは、その名の通り、ネヴィル兄弟を核としたグループで、Voのアーロン(至宝と称えられるファルセット担当)とPerc&Voのシリル(ダミ声&あおり担当)の2枚看板。アーロンのファルセットはこの世のものとは思えないほどに美しいです。あの顔とゴツイ体からあんなに美しい声が出るとは…
フィリップ・ベイリーも真っ青。バラードを是非聴いて下さい。腰抜けまっせ。

"Peace"をテーマにしたメッセージソングや、マルディ・グラ(Mardi Gras:ニューオリンズの祭り)をモチーフにした歌が中心です。で、ネヴィルズのファンクといえばこの2曲。
*Hey pocky way
*Brother john

このテのバンドは(ミーターズもそうですが)何と言ってもライブが最高に盛り上がります。現地では毎年、「New Orleans Jazz Festival」という催しがあって、日本でもたまにBSで特集していますが、これに出るネヴィルズの黒いこと粘いこと、もう観客もノリノリで総立ち。大傑作ライブアルバム
*Nevillization
で楽しんで下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)