パソコン・インターネット

その後のDELL Inspiron mini 9

ミニノートを買ってみた
で書いた、DELL Inspiron mini 9 のその後ですが、webはほとんどmini9で見てます。
Inspiron 6000の出番が減ってる。ごめんよぉ~

でも文書を作ったり、ブログを書いたりするのは小さい画面だとしんどい。
また音楽CD-Rを作るときも、ドライブ内蔵の方が使いやすいですね。
そんなときはやはり6000が便利。

ネットブックとはよく言ったものです。ネット専用ですわホンマ。

そんなmini 9で、先日ちょっとしたスライドショーをしました。
ubuntuにはF-spotという画像管理ソフトが入っています。これはスライドショーもできるので便利です。
スライド移行の秒数などを指定する項目があるのかないのかよくわかりませんが、とにかくデフォルトで使うと大体1枚15秒くらいで進みます。

それから、Canon PIXUS 865Rという古い無線LANプリンタを接続。
といってもUSB接続ですが。 UbuntuでのLAN経由の印刷はよくわからないので。

プリンタをつなぐと、

「ドライバがないからジェネリックでええか?」

と聞いてきました。ひとまずOKして、あとで手動でCanon 865Rを指定してやりました。
テストページがきれいに印刷されたので、コレで良しとしています。

mini 10とかmini 12が出ていますが、9だからこそのminiだと思いたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

inspiron6000にwindows7 RCを

入れてみました。結論から言うと実用上支障ないようです。
マシンはDELL Inspiron 6000。Pentium M 1.86G、メモリ2G(DDR2-533)。
2005年6月購入なのでもう4年前のスペックですが、快適に動いています。

小心者の私は、将来のアップグレードを兼ねてWindows7評価用にHDDを購入。
Western DigitalのATA100で320GBな「WD3200BEVE」です。
Sa3c3145

入ったOSはWindows7 Ultimate。
Microsoftが一般向けにダウンロードを開始したので、久々にLive IDを利用して早速ダウンロード。
プロダクトキーもしっかりメモしました。
isoファイルのサイズは約2.5GB。これをB's Recorder Gold 9で焼きました。

インストールの所要時間は30~40分くらい。
Sa3c3152

新規購入のHDDでしたが、フォーマットしろと言ってきませんでした。Vistaからそうなったのかな?
Sa3c3148
Sa3c3149

インストール直後は、サウンドと無線LAN(Intel)にビックリマークがついていましたが、再起動を促された後には消えて正常に認識されていました。
Sa3c3153

ビデオカード(ATI X300)は最初は標準アダプタでしたが、再起動後は正常に(WUXGAで)機能しています。

タッチパッドのスクロールが動かなかったので、DELLのサイトからXP用のドライバを入れました。再起動後、「既知の互換性の問題あり」と表示されましたが問題なく使えています。

起動の速さはXPと同じくらいかな。OSしか入れていないので速いのかも。
この記事はwindows7 & IE8で書いています。しばらく使ってみようっと。

Sa3c3154

| | コメント (0) | トラックバック (0)

mini9携え出張

先週と今週、出張しました。たまたま同じ宿に泊まりました。
最近は安いビジネスホテルでも無線LANが完備されていて非常に便利ですね。

しかーし!

DELL mini9で初めてubuntuを使う私には、ちと敷居が高い。

Windowsの標準設定なら自動でアクセスポイントを探してくれますが、ubuntuはその機能を標準では搭載していませんでした。

接続先のESSIDやパスワード、WEP/WPAなどの情報を聞かないといけなかったのですが、ホテルのフロントでこんなこと聞いたら怪しいことこの上ない(笑)

なので先週の出張ではインターネットもメールも×。

帰宅して調べると、wifi-radarというソフトを使うといいらしいことがわかりました。

これをrootでインストールして、wifi-radar.confというファイルを検索し、テキストで開け、interface=の項目で使用するネットワークデバイスを指定(mini9の場合はeth1が無線LAN)して保存すればオッケーです。

で、ubuntuマーク→インターネットのwifi-radarを立ち上げると、周囲にあるアクセスポイントが表示されます。適切なものを選び、connectをクリックしたらIPアドレスをもらいに行って接続完了。

あとはブラウザやメールソフトを普通に立ち上げるだけ。

私は一発でつながらなかったので、rootでログインし、ホストやDNSなどのネットワークの情報(自宅の設定になっていた)を消去したらうまくいきました。

これでWindows並みの通信環境が整い、今週の出張ではバッチリつながりました。快適〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミニノートを買ってみた

音楽と関係ないですが、おもしろい買い物をしたので。

Windows95時代にLibretto20を買った私としてはこれはいっとかなあかんジャンルの製品。
リブはほんとに便利でした。321S(PCカード一体型のPHS)とセットで持ち歩き、出張先からレポートをFAXしたり、メールを読んだり。さすがにwebを見るのは辛かったですが、それでも日常使用には十分過ぎるマシンでした。

テキスト中心ならと、その後HPの360LXに乗り換え、日本語化してやはり321Sとセットで。

今ではそれほどモバイルする仕事ではなくなりましたが、なにせ根が好きなもんで、どうしてもいっときたいと。

てなわけで買ってしまいました。

Mini91

世界のDELL謹製、Inspiron mini 9です。
正月にDELLからセールのお知らせメールがあり、
「32GBで2GBで無線LAN標準装備、OSはubuntuで4万切ってる!!!」

ってことで、Bluetoothをオプションでつけて4万チョイで買いましたよ。

ubuntuってのがポイントですな。くすぐられました。
他のミニノートが中途半端なスペックで軒並みWindowsXPを載せて高くなってるので、余計に魅力的でした。DELLのサポートは最初から期待していないので、ubuntu利用に行き詰まったらvista買えばええわということで、できるだけハイスペックでロープライスなものをという私のハートをわしづかみ。

室内使用ではwebくらいしかしないので、Linuxを使いこなさないと!という感じはまったくないですね。無線LANの設定(SSID/WEP設定など)をしたくらいで、webにもあっさりつながりましたし、画面も結構見やすく、キーも叩きやすいです。バッテリーは満充電で4時間半位持つとのこと。話半分でも2時間普通に使えるので合格でしょう。Atomはかしこいなあ。しかもデュアルコア!

電源スイッチを押してから立ち上がるまでにかかる時間は45秒ほど。BIOS画面が出るまでの時間が5-6秒とやや長め。

入っているソフト関係。
オフィスソフトはOpenOffice。ワープロと表計算はMS-Officeとほぼシームレスに使える。その上プレゼンソフトもあり。
マルチメディア関係も充実。音楽(CD焼きも)・ドロー・写真整理など一通り揃ってます。ゲームもたくさん。

モノがモノだけに、あれこれいろいろ外付けすることはありませんが、USB2.0が3ポートあるのは心強い。SDスロットも便利。

この記事もmini9で書いてますが今のところ致命的な使いにくさは感じません。なかなかいいぞ。

Bluetoothはいらんかったかも知れん… が、wasabiとか面白そうやなぁ…

| | コメント (1) | トラックバック (0)