« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

amazonにて

今様ファンク三者三様、スピリチュアルジャズのコンピ。全部CD。

Kc3x0117
The Whitefield Brothers / Earthology

Kc3x0119
Skeletons / Smile

Kc3x0120
Karl Hector + Malcounts / Sahara Swing

Kc3x0118
Freedom Rhythm & Sound
REVOLUTIONARY JAZZ & THE CIVIL RIGHTS MOVEMENT 1963-82

Whitefield~は、1stがずいぶん良かったのと、この2ndを試聴して買い。1stから大幅に深化し、相当なドープさ。
Natural Yogurt Bandを聴いて気に入った方にはオススメ。

Skeletonsも試聴して気に入って買い。個人的には2010年の傑作。JET SETさんがうまいことコメントを書いておられるので読まれたし。緩やかかつ濃厚なアフロジャズファンク。

これら2つを軽く凌いでしまっている、異常なまでに出来の良いのがKarl Hector。
Whitefield Brothers、The Poets of Rhythm参加。パーカッションとバリトンサックスがかっちょええ!!!
これまた濃いめのヘヴィーファンク、アフロファンクやってます。Antibalasがやりそうな曲もあり。

ここら辺が今様ファンクのおいしいところかもしれません。

そして、このところ活況を呈しているスピリチュアル・ジャズ音源の再発モノ市場ですが、その入り口として最適なコンピではないでしょうか。アート・アンサンブル・オブ・シカゴが標榜するところの
「Great Black Music」
がぎっしり詰まった2CD + 副題のREVOLUTIONARY JAZZ & THE CIVIL RIGHTS MOVEMENT 1963-82
を解説する渾身のライナーノーツ。Malcolm X, Martin Luther King, Muhammad Aliといったところを中心に、黒人の人権運動・人権闘争の歴史を背景に展開していった音楽シーンを詳細に解説しています。ちょっとでも興味がある方には是非手に取って頂きたい作品集です。
同タイトルの書籍も予約済み。こちらはレコジャケを大量に掲載しているようで、ちょっとした美術本みたいなものでしょうか。わくわく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸三宮で!

Sannomiya

こんなイベントが開催されています。
先月の第20回レコードフェスタ大阪で買い物した時のレコ袋にチラシが入っていました。
それにほんの今気づいて、慌てています(笑)

三宮 センタープラザ3F 鏡の広場西側
りずむぼっくす三宮ウエスト横
にて開催中。

11/13~28の前半には行けませんでしたが、明日の入れ替えを経て、後半(11/30~12/14)には行きたいと思います。福井のフラミンゴ・レコーズさんの品揃えを垣間見てみたいので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤフオクにて

Kc3x0095
Heaven 17 / (We Don't Need This) Fascist Groove Thang
ベースラインが鬼過ぎることで有名な曲。着うたにして楽しんでます。

Kc3x0096
Totally wired Vol.1~9
言わずもがなの超有名ACID JAZZコンピ。9枚セットで2000円くらいだった。お得!
こういうのは見つけた時に買わないと。10以降も欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DISC JJにて

先月の買い物です。

Kc3x0004
Pharoah Sanders / Elevation
The Gatheringは無条件で泣けます。凄過ぎサンダース。

Kc3x0006
Cal Tjader / Solar Heat
多作家にして駄作無し、ジェイダー師匠はいつでも涼しく全力投球。

Kc3x0007
Jimmy McGriff / The Worm
Blue Juice ! 最後のA列車が余計かな。

Kc3x0008
Esperanza Spalding / Esperanza
She Got To You をFMで聴いて惚れ買い。

Kc3x0005
Tabla Tarang - Melody on Drums
民族音楽レーベル最高峰、Smithonian Folkwaysより。ライナーが濃い。

Kc3x0009
Tabla~ のライナー1

Kc3x0011
Tabla~ のライナー2

Kc3x0012
Tabla~ のライナー3

サンダース、ジェイダー、マクグリフが今のヘビーローテーションの一角です。
酒が入ると気持ちいいことこの上なし!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

king kongで売って買う

買う一方では増え行くばかりなので、LP/CD/雑誌(レコードコレクターズ)合計約100タイトルで約1万円の買取。
その利益で即買ったアルバムを紹介します。

Kc3x0072_2
Chico Freeman / Beyond the rain

Kc3x0073_2
Passport / Earthborn

Kc3x0074_2
Dollar Brand (Abdullah Ibrahim) / African marketplace

Kc3x0075
The Cannonball Adderlay Quintet / The happy people

Kc3x0076
Eddie Parmieri / Lucumi macumba voodoo

Kc3x0077
Richie Havens / Richard P. Havens, 1983

| | コメント (0) | トラックバック (0)

estacioさん新装開店

9月末だったか10月はじめだったか、それまでの長いセール期間が終わり、estacio recordsさんのサイトが新装開店しました。記念にと、過去のセールで買い逃したクレア・フィッシャーのアルバムを捕獲。

Kc3x0036
Clare Fischer & Salsa Picante Present 2+2 (1981)

Kc3x0037
Freefall (1986)

これら2枚のアルバムがどちらもグラミー賞を受賞したものというのは後で知りました。wikipediaや彼のサイトに書かれていますので詳細を知りたい方はclare fischerで検索!

ラテン、ブラアジリアンを取り入れたジャズを得意とする彼がコーラス隊とともに録音した、清涼感と軽妙なグルーヴ満点の好内容。シンガーズ・アンリミテッド、Les Doubles Sixあたりが好きな方にはストライクゾーンと思います。
コーラス好きの私の好物。

同梱されていたのは、新ロゴのステッカー2枚。こういうおまけは嬉しいです。
Kc3x0038

何か面白い音楽はないかなあというときは必ず見ています。今後ともよろしくお願い致しますエスタシオ店主殿。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

枚方に

8月下旬のオハナシ。

レギュラークラフトレコードっていうお店があります。新しいお店のようです。客先との打ち合わせが枚方であり、ちょっと時間があるだろうと思い、事前に調べました。一通りwebで調べて、めぼしいレコードをチェック。

打ち合わせが終わり、帰り道に立ち寄りました。

店に入ろうとしましたが、入り口を塞ぐように大きな機材(オープンリールのデッキ卓、旋盤のように巨大!)が立ちはだかっており、入れなさそう。でも中には人がいるので、ガラス戸を開けて

「すんませーん 今日やってはりますかー?」
と聞くと、営業中との事。ちょっと入りにくいですがどうぞ、と。

物理的にめっちゃ入りにくかったですが何とか入店。何かおもろい店やなぁ。
機材とレコードが所狭しと詰め込まれており、おもちゃ箱さながら。居心地は悪くなかったです。

物色中に、店長の知り合いと思しき人が来店、ひたすらDJ話をしていました。

ここで私がゲットしたのが

Kc3x0078
Dom Um Romaoのデビューアルバムのジャケ違い。名作。

Kc3x0079
こちらもDom Um Romao。IRMAレーベルのリミックス。

Kc3x0080
Afrofilipino!Bataan名義。バターン師匠はいつでも切なカッコイイですね。The Bottle収録。

Kc3x0081
Alphonso Johnsonのソロ1st。いいと聞いていましたが、決め手に欠けて、なかなか手が伸びず。今回も買おうか迷っていたら外は激しいにわか雨。ゆっくり考えなさいという事か。

というわけで4枚。店のレコードをほとんど見て、会計を済ませる頃には雨がマシに。
出入口の卓に遠慮するように店を出ました。

会計時に、
「9月中旬にジャズがまとまって入りますんで良かったらまたどうぞ」
と声をかけて頂きました。それからまだ行っていません。

あの卓は売れたんやろか、さらにごった返してるんやろかと思いながら書いています。

また行ってみようかな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

そのフォーエバーですが

もう2ヶ月以上たちますが、まだ全部聴けてませんわ。一応写真だけでも。
Kc3x0048Kc3x0049


Kc3x0050Kc3x0051


Kc3x0052Kc3x0053


Kc3x0054Kc3x0055


Kc3x0056Kc3x0057


Kc3x0058Kc3x0060


Kc3x0061Kc3x0062


Kc3x0063Kc3x0064


Kc3x0065Kc3x0066


Kc3x0067Kc3x0068_3


Kc3x0069Kc3x0070


Kc3x0071Kc3x0084


Kc3x0085Kc3x0086


Kc3x0087Kc3x0088


Kc3x0089Kc3x0090


Kc3x0091Kc3x0092


Kc3x0093Kc3x0094


タクーマ2点は、CD持ってるのに買いました。
Nitzer Ebbやフィータスは、DAFとともに昔から好き。
クインシーとボズは大人の嗜み。
イレイジャー、ブロンスキ、コミュナーズはエレクトロ好きの一面を垣間見せてみました。
キッド・クレオール、サンタナ、ハービー・マンはこんなときにしか買わんなぁということで。
ブルース・ブラザーズは知って過ぎて持ってなかった。
フルーツケーキは最近CDが再発されたので、逆らってLPを。
その流れでメゾフォルテとスパイロ・ジャイラも。
他はお祭り気分でUK系を中心にゲット。
ローリー・アンダーソンとロバート・パーマーがなかなか良い。

ふぅ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年も嵐のコンサート

のグッズの買い出しに付き合いました。京セラドーム。10月30日朝。
29~31の3連チャンの中日。雨は上がったがやや寒い。
昨年は夕方に行ったので、客は会場に入った後で、どっちかというと
閑散とした感じでした。

娘2名と妻と私。いやあ並びました。並び倒しましたね。
9時の販売開始で10時に到着。既に長蛇の列。
8月の国立のライブを見に行った余韻がまだ覚めやらぬのか、
ハイテンション。待つ事は全く苦でないようでした娘達ったら。
列の中に友達を発見した下の娘。英語の宿題をした上の娘。
「チケット譲って下さい」
と書いたノートを持って練り歩く妙齢のオッサンやら
子供を預かったのはいいが、泣かせてしまい母親に差し戻す父親やら
娘に負けじと難易度の高いアンチエイジングが崩壊しそうなお母様やら
を観察しながら娘の英語の宿題を見てやった金さんやら

暇はつぶせたようです。

買い物開始は正午過ぎ、買い物メモと現金を握り締めた娘2名の
矢継ぎ早の指令に従い、所定の位置でまた並ぶ。別の買い物を終えた娘と
入れ替わり、また別の場所に並ぶ。そんな私は並び係。
現金の持合わせが2千円ほどしかなく、戦闘能力のないそんな私は並び係。

30分もしないうちに買い物終了。販売所への客の流入を制御してくれたので
早く済みました。

去年も思いましたが、ホンマ塵も積もればで、若年層の購買力がこの人気の
一端を支えているんだなあと感じました。

小遣いの範囲なので、何をどんだけ買っていくら払ったのか関知していませんが、
なんかいっぱい買ったみたいですわ

ん!? オイラのレコードと同じ???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »