« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

もの言わぬnuvi360を修理

前の記事で少し触れましたが、備忘録的に手順を書いておきます。

もう2ヶ月近く前でしょうか、車内で吸盤式のマウントごと落下、それから言葉に詰まるようになり、先月上旬にはとうとう音声が出なくなってしまいました。

落下が原因か、車内(ダッシュボード内)放置による劣化が原因かわかりませんがとりあえず開腹手術を決行。
Tenkai1

何にでも先人はいらっしゃるもので、分解はコチラを大いに参考にさせて頂きました。ありがとうございます。

サイトの記述にしたがって分解を始めたが、極小のトルクドライバが無く、同じような大きさのY型ドライバで代用。
これが後々尾を引くことになる。
GPSユニットの取り外しも結構手間取る。先人さんが書かれたとおり、内部にバネを使った回転保持機構になっており、これを外すのにコツが。

GPSユニットのねじを外すと、付け根の部分に長細い穴が2つ見えます。そこに黒く見えるのが保持機構です。本体裏側の上部を上にした状態で、左側の穴に細いドライバを静かに入れ、右方向(ばねを縮める方向)に動かしながらGPSユニットを少しずつずらして外すと抜けます。このとき、抜けた拍子に保持機構がばねごと飛んで行く場合があるので注意。

そして、本体のあわせ部分にドライバを突っ込み、ばきばきしながら開腹。かなり固いので力が要りますが、力みすぎて割らないように注意!!!

で、基盤をぐるっと眺めた限りでは外傷はなさそう。で、本命のスピーカー周りにテスターをあてるが釈然としない。
個別検査ということで、半田ごてでケーブルを外し、わに口クリップで別の小型スピーカー(パソコンケースよりもぎ取った)に取り付けると音は鳴る。
ということでスピーカー本体の故障と断定。

ケーブル近辺の写真。赤黒はバッテリー、青黒がスピーカー(青が+)。コネクタが極小なので、つぶすと入手と加工がたいへんそうである。慎重に作業。

Connector1

Connector2

ここで気づいたことが後でちょっとしたトラブルに。
音出しテストのとき、GPSケーブルを外した状態で電源を入れると、いちいち2秒ほど

「GPSソフトウェア更新中」

と表示されていた。

それはさておき、スピーカーの詳細を調べるが、直径36mmでかなり薄いことと、CSEと書いてあること以外、まったくスペックがわからない。
webでカーナビの修理例を参照し、8Ω、0.5W程度ならばいけそうと判断、オークションで即決品をゲット。
写真左が新品、右が純正品。新品のメーカーは不明(爆)

表側
Sphikaku

裏側
Sphikaku2

材料と情報が揃ったので、故障のスピーカーを取り外す。
両面テープで接着されているだけだが結構接着力が強い。
テープは使いまわしたいので、切らないように小型ドライバーで慎重かつ大胆に持ち上げていくと綺麗にはがれる。

Tape1

はがしたテープを元の位置に貼り付け、ケーブルを移植した新しいスピーカーを貼り付ける。

Install

元通り組み立て、音が出ることを確認した。直った!

と、ここで終わるはずだった。

しかしこれで終わらないのがファンクバカ一代、トラブル2件発生。

1件目。
組み上げ時にもY型ドライバを使ったのだが、ネジが微妙にずれていたのか、スムーズに入っていかない。
力を入れすぎてねじ山をつぶしてしまい、仕方なく小型プライヤでねじをつまんで回し、抜くはめに。

ねじがなくても、本体のあわせ部分はつめでがっしり嵌っているので大丈夫だと言い聞かせる。

2件目。
いつまでたっても衛星を捕捉しない。システム情報を見ると、
GPS SW 0.00
となっており、いやな予感。さっきの
「GPSソフトウェア更新中」
が頭をよぎった。

とりあえず初期化。 ダメ。
フルリセット。 これもダメ。

あと考えられるのはフレキケーブルの逆挿し。

いやいやながら再度開腹。やはり逆に挿していた。

元に戻し再度組み上げ。本体のネジは面倒なので2本とも外したままに。
二度手間がたたり、本体には傷が。

After

しかし動作は問題ないのでこれでよし。近いうちにバッテリーの交換で再手術だろう。
そのときは、


こういうもの

を買おう。もう遅いか(笑)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

いろいろと

バタバタしてました。
・カーナビ喋らんようになったり
・で、そのまま出張行ったり
・その足で信州旅行したりでもの言わぬナビに苦労し
・帰ってきてカーエアコン故障に気づいたり
・車検出したり
・父親の古希の祝いがあったり
・クルマ&ナビ修理情報いろいろ物色したり
・娘の運動会があったり
・オークションでナビ部品落札して修理したり
・amazon.comで、日本へは送らんと言われ、アメリカ在住の友人経由で整備マニュアル買ったり
・昨日の夜マニュアル到着して必死で読んだり
してました。

レコード屋行く暇皆無。こんなときは買い溜めたCDをクルマで効き漁るチャンスってことで。

カーナビの顛末とクルマ関係の話題は別記事にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

United Jazz + Rock Ensemble

UJREの一連のアルバムが、小出しながら
ドイツinakustikよりCDでリイシューされています。

UJREのアルバムをリリースするために設立したといっても過言ではない、Mood Recordsよりリリースされ、長らく入手困難&あっても高価だったので嬉しい限りです。
しかも2in1。

まずはこれ。2枚ともライブアルバム。
Ujre

Dauner, Volker Kriegel, Albert Mangelsdorff等、MPS時代の面子がズラリ。Eberhard Weber、Jon Hisemanの名前も。MPS/ECM/プログレの邂逅ですね。

ハイズマンの硬質なドラミングが引き締める引き締める!奥方のBarbara Thompsonさんのらっぱがこれまた力強い!それらをバックに、ジャズ・ロック、ジャズ・ファンク丸出しなVolker Kriegel節全開!!!
まさにジャズとロックの融合。これこそKriegelさんがやりたかったことなのでしょう。

んー 独逸系ジャズ・ロック、ええなぁ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »