« 年末年始備忘録 | トップページ | 新年初CD買い »

napsterとwalkman

前の記事で、暮れにnapsterを使いだしたこと、年明けにwalkmanを買ったことを書きました。
最初は、「パソコンで聴いといて、どうしても持ち出したくなったら何か買おう」というつもりでしたが、napsterを始めると同時に物色していました。でもコレという機種がない。国内メーカーで明確にnapster対応を謳っている現行機種は多くないんですね。一方、過去の機種には対応しているものがチラホラ。

実のところ、「napster対応」というよりも、「WMA-DRM10対応」であればたいがい使えるんですな。
ちなみにというか当たり前ですが、DRM9までしか対応していない携帯オーディオは使えませんでした

で…

私が買ったのは、SONY walkman NWZ-B142F という機種です。

Sa3c3661

これは、SONYが海外向けに出しているものということです。
サイトには、「海外の電気事情に対応した…」とありますが、USBでしか充電できない製品のどこが海外の電気事情なんでしょうか(笑)
その上、「日本国内でご使用にならないでください」と断り書きが。意味あるんかねぇ。

Sa3c3662

昨年は家族が次々とwalkmanを買い、その音質について問題ないことは確認済みだったので、自分にとってはベストの選択でした。2GBというメモリーサイズについても実用上何ら問題ありません。ウチの家族は32GB/16GB/4GBで、奥さんのお古の256MBと娘のお古の1GBを回してもらってしばらく楽しんでいましたが、漸く自分に合う道具を手に入れることができ、たいへん喜んでおります。

Sa3c3663

walkmanをUSBポートにブッ挿して、napsterで、ネットサーフィンならぬ「アルバムサーフィン」をしながら、気に入ったアルバムをwmに流し込んで行きます。いっぱいになったらじっくり聴き、これは買ってもいいなあというアルバムをメモっておき、wmからは消します。それほどでもないものも消しちゃいます。

そうすると、「処分保留中」の楽曲たちがwmに残りますね。それらをまた聴き込みながら、新しい曲も流し込みながら、曲を「精選する」作業を繰り返しています。

楽しいですねぇ~

・好きな曲、気になる曲をその場で聴ける
・借りに行ってもないアルバムでも大概ある
・しかも定額(月額1980円)でダウンロード&持ち出し放題

昔、輸入盤を積極的に扱っていたレンタルレコード屋によく通いましたが、今その頃と同じようなノリで聴きまくっています。

レコードがwebに、カセットテープがwalkmanに。

時代ですねぇ…

でもレコード・CDはずっと買いますよ。データだけしかないのはどうも性に合わないもんで。

|

« 年末年始備忘録 | トップページ | 新年初CD買い »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88376/47506936

この記事へのトラックバック一覧です: napsterとwalkman:

« 年末年始備忘録 | トップページ | 新年初CD買い »