« 2009年7月 | トップページ | 2009年10月 »

オマケ

白銀週間が済んだと思ったら、週末にもイベントが!

私にはまったく関係のない、

「嵐」

のコンサートが、京セラドーム大阪であったんです。

とは言っても、チケット購入できなかった娘達のせめてもの慰みで、グッズを買いに来た訳です。

娘たちは

「音が聞こえる!!!」

「オオサカ~!!って言うてるぅぅぅぅ!!!!!」

などと外で大感激。娘達と同じような、チケットを買えなかった人たちが漏れ音を聞いてそれぞれ盛り上がっていました。

私の場合は日比谷野音の外で漏れ音(というか生音そのものに近い)を聴きながら飲んだくれてましたが、そこはジャニーズのコンサート、そのような光景はまったくありませんでした(笑)

しかしウチの奥さんと娘達が言うには、
「客の年齢層が高い」
と。要は

「オバ●ン」ばっかりだと言うのです。こっちはそんなこと気にしてみてないからわかりませんがそうらしいです。

国民的アイドルやから別にええんちゃうんか?

と思いますが、娘達は許しがたい様子。でもまあグッズを買えて落ち着いた様子(笑)

何かねえ、会場の中は知りませんが、ファンクやソウルのライブしか知らない私にはおとぎ話の世界ですね。
印象的だったのは、会場外に座り込んで、白Tシャツにビーズやスパンコールを木工用ボンドで一つ一つ丁寧に貼り付けて、

「智」(このコは大野君のファンなんやなぁ)

を作っている子でした。もう必死。思わず話しかけた我々家族に笑顔で答えながらも、手は全然止まらない。内職ですなこりゃ。素晴らしかったです。感動しました(笑)

もうひとつ興味深かったのは、チケットが買えなかったファンの子達が、

「チケット譲って下さい」
「どの日のでもいいです」
「同行可!」
「半券返します」
「お礼します」

と文句を書いた紙やボードを持ってヒッチハイクみたいに通りにずらっと立っていることでした。
聞くと、

「ダフ屋さんからは絶対に買わない」
「定価で個人間取引」

が掟なんだそうです。エライというか気が長いというか…
それで見られなくても平気なんだったら今回は我慢…と言う発想じゃないんですね。可能性にかけている姿が印象的でした。

コンサートスタッフがしきりに

「写真撮影は禁止となっております」

と言うので残念ながら現場写真はありませんが、しばらく忘れられない光景でした。

こうやってファンに支えられているメンバーはさぞかし大変やろうなあ、これで誰か不祥事起こしてクビにでもなったら事務所としてはさぞや大損害やろうなあと、他人事ながら心配してしまいました。

一般労働者もつらいが、人気稼業もつらいねぇ…

オイラ今日からまたレコ漁り生活に戻りますっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白銀週間その2

忘れそうなので急いで(笑)

20日は奥さんと娘2が手芸店へ。午後、夫婦と娘2でデパートへ両親の誕生日プレゼントを買いに。夜は実家でお好み焼き宴会。

21日は娘2の友人の誕生パーティーで近くの公園へ。白昼屋外で走り回ってヘトヘトの体に夜までビールを注入。ベロベロ。

22日は当然二日酔い。娘たち3人は祖父母と京都。夜は串カツ。

23日は娘3のリクエストで朝から動物園へ。午後昼寝。

高速道路はずっと混んでいたようですが、大阪市内の阪神高速や一般道路は全然混んでませんでした。
ということで一応遊び切りました。


あーしんど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白銀週間その1

とでも言うのでしょうか日本語では。GWが黄金週間なので。
さて、私はこのように過ごしておりました。まずは19日。

Sa3c3406

で、
Sa3c3407

を鑑賞、大いに騙されました。その後、三宮から高架下を楽しみながら中華街まで散歩。空腹を抱え台湾料理店へ。たいへん美味かった。帰りにレコード屋
「ハックルベリー」
でラテン盤をゲット。
Sa3c3433
Sa3c3439
Sa3c3438

1枚目はフィリップスのオーディオ・チェック盤シリーズのひとつ。12インチで45rpm。
監修は何とラリー・ハーロウ!「ベルモンテとアフロ・ラテン・セブン」という名義ですが、FANIA黄金期を支えた連中が寄ってたかって、タイトなデスカルガをかましまくってます!コレを聴きながら冷静にオーディオチェックが出来るのかホントに!?

2枚目。De Ti Depende。Hector Lavoeの超有名アルバム。このニヤケたジャケット(笑)
Latindancemania

を見て、「コレ見つけたら買おう」と思っていた矢先でした。ええお出会いで。

最後もこれまた名作。リマスターCD持ってるんですが、どうしてもLPで聴きたくて。
マイク2本録音のいい面が残ってますね。いつ聴いても生々しいライブですわ。
LPなら最後がフェードアウトしてないのかと思ったら、マスターテープが足りてなかったんですね。残念。
とにもかくにもHarvey Averneの大発掘事業! LP解説は中村とうよう大先生!
In concert at the University of Puerto Rico / Eddie Palmieri & Friends でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋のレコードフェスタ情報その1

「レコードあんぐらあ」さんのHPによると、
10/23~10/25に、いつもの梅田アクトスリーホールにて開催されるようです。
他に詳細情報をゲット出来るサイトは今のところありません…

それから浜松では、
第二回浜松CD&レコードショウが、10月9日(金)~12日(月・祝)に開催されます。
詳細はコチラ

んー節約節約。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Tjader Plays Mambo !

毎年、夏はカル・ジェイダー師匠と決まっております。今年も大活躍でした。
多作家の師匠はホントに多くのアルバムを出していらっしゃいます。

金の字お気に入りのLatin Kickは家宝でありますが、この夏買った

Tjader
Tjader Plays Mambo

もいい! クールなビブラフォンと対照的なアツいパーカッションとブラスにヤラレること必至です!
スピーディーなダンスチューン、ムーディーなスローチューン、どちらもGroove満点ですわ。
ジャケットのデザインも秀逸です。LP買って飾りたいくらいです。
ここで全曲30秒ずつ試聴できます。●は金の字オススメ。

1 Yesterdays
2 Out of Nowhere
3 Fascinating Rhythm●
4 Guarachi Guaro●
5 The Lady Is a Tramp
6 It Ain't Necessarily So
7 Have You Met Miss Jones?●
8 For Heaven's Sake
9 Mambo Macumba●
10 East of the Sun (And West of the Moon)
11 Bei Mir Bist du Schön●
12 I Concentrate on You

姉妹品、Mambo With Tjaderも激しくオススメですっ!!

Tjader2


| | コメント (2) | トラックバック (0)

Museのコンピ

久しぶりに書きます。
いやあココ2ヶ月の忙しかったこと!!!
地元の祭り3発、音楽会に肝試し、家族旅行に結婚式、オマケに遠方出張2連発!!!
つい数日前に書店で買った「足裏セルフケア」と、奥さんの実家から借りている古い本を片手に、溜まりに溜まった疲労とアルコールをデトックス中。イタ気持ちエエ!
ちなみに金の字は足裏マッサージ歴長いです。

そしてココではその間もコツコツ買ったレコードやCDを少しずつ紹介します。

購入日順は無視して…

まずは以前紹介したMuseレーベルのコンピ、Jazz Funk Revivalの前に出ていた2作品を発見・捕獲。

Muse

看板のCarlos Garnettが全編にわたり収録されています。どれもいいですねえやっぱり。
全体を通して聴くと、レーベル初期は割りにオーソドックスなソウル・ジャズ、後期はややスピリチュアルな感じを受けます。今なお現役の優良レーベルですね。

しかしこのCD、カーステレオ(スロットイン)に詰まりやがって難儀しました。
取り出したCDをよく見ると、レーベルをあとで貼り付けてあるんですよね。
市販のCDでこんな雑なん初めて見たぞ(怒)

近いうちにCD-Rにアレして聴かないと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年10月 »