« DXRW250 | トップページ | ファンク回帰!? »

レコ祭セール報告

6/28の最終日に滑り込みました。この日は朝から家族で出かけ、一通り用事を済ませてアクトスリー下でみんなで渇きを癒し、妻も子ども達もいざセールへ。

妻と子どもたちは、
「菅井君と家族石」
のモデルのネタを探しては大喜びしていました。

菅井君=スライ・ストーン
じいちゃん=レイ・チャールズ

は覚えていたようですが、兄ちゃんと父ちゃんがわからなかったようで、ちょうどジャズを探していた私のところに
「兄ちゃんと父ちゃんは誰やったっけ?」と妻。

金「父ちゃんはジョン・リー・フッカー」
妻「兄ちゃんは?」
金「コルトレーン。ちょっと待てよ ここにあるかもよ」
といいながらレコ箱をゴソゴソ。

Coltrane

ありました。家族一同「至上の愛」で大爆笑。
嗚呼、コルトレーン様ゴメンナサイ!

その後しばらくしてネタが尽き、子ども達が疲れてきたので私だけ会場に残り他は帰路に。
とりあえず「兄ちゃん」は連れて帰ることにし、他をゆっくり見る事に。

26日に行った知人から
「ディスクユニオンにジャズ多し」
との情報を得ていたので、LPを見たが結構高い。逆にCDは安い。ここで

Antolini

Charly Antolini / Recorded at the BBC - Studio London

Jankowskeynotes

Horst Jankowski / Jankowskeynotes

をゲット。Jankowski嬉しい。

そこからグルグルっと回って、LP

Darkness

Phillip Upchurch / Darkness, Darkness

Rhythmoflife

Ray Barretto / Rhythm of Life

Eyeofthebeholder

Ray Barretto / Eye of the Beholder

を立て続けにゲット。レイ・バレットの上は80年代にしてはかなりオーセンティックかつドライブ感あふれる好盤。下はクルセイダーズ絡みのフュージョンサルサ。これもまたいい!

調子を上げているところに

Palmieri

Eddie Palmieri / Unfinished Masterpiece

を発見!CDには歌詞がなく、歌詞付の日本盤は好都合!ちょっと高かった。

すっかり気をよくしていると、今度は買いそびれていたSteve ReidがCDで。

Stevereid

Steve Reid / Rhythmatism

かつて「激レア」と言われた職人ドラマーの名盤。Center of the Earthを聴いて泣く事!

で、最初から手にしていた

Blackangel

Freddie Hubbard / The Black Angel

と、最後の最後で引き当てた、そう、文字通り引き当てた激探していた大名盤

Thesisters

Weldon Irvine / The Sisters

もちろんリイシューですが、そんなことはどうでもよくってよ。
リイシューにしてはちょっと高めですが、ココで手に入れておかないとってことで速攻ゲット。
1979-1980年の作品。マーカス・ミラーが全面参加。
最早ジャズ・ファンクなどというあいまいな概念は通用しない、ざらついた、ギラギラしたストリート感覚と楽曲の美しさが渾然一体となって炸裂してますったらこのアルバム!!!
すでに完成された様式美としてのヒップホップがここには厳然とあります。恐るべしウェルドン・アーヴィン。

今回も濃密な内容の良い音楽を得ることができました。

今回のネタとは別に、家ではコテコテ・デラックスを片手に買い物リストを作ろうと画策中。
少しずつではありますが、ようやくファンク軌道に戻りつつあるようです(笑)

Electricfunk

Jimmy McGriff / Electric Funk

車内でのヘビーローテーションです。マクグリフのブルージーなタメとパーディーのロコモーションとダチーチーがたまらん!!!汁出まくり!!!

|

« DXRW250 | トップページ | ファンク回帰!? »

レコード漁り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88376/45554501

この記事へのトラックバック一覧です: レコ祭セール報告:

« DXRW250 | トップページ | ファンク回帰!? »