« ちょっと行ってきます | トップページ | ちょっと行ってきました »

SONY PS-Q7を修理

Sa3c3157Sa3c3158

これですわ。懐かしいと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
フラミンゴやサウンドバーガーほど斬新ではありませんが、十分のインパクト。
この大きさでダイレクトドライブ。大丈夫か!?

ちょうど1ヶ月前、ヤフオクで「完全に壊れた物として販売」していたものを、何を思ったかおもちゃ代わりに落札しました。

分解すると、トーンアームを動かすためのギアに通じるプーリーと、それを動かすモーターの間にかかっている小さなゴムベルトが伸びきってトーンアームが動かずオートプレイ不可能な状態に。

最初はダイレクトドライブのモーターも怪しく、回ったり回らなかったりでしたが、そっちの方は自然治癒で回るようになりました。

そんな症状でしたので、ゴムベルト1本で簡単に直ってしまいました。

ただしこのゴムベルトを入手するのがちょっと手間でした。これまたヤフオクで特注して入手。安かったので助かりました。どのサイズが合うか検討するため、ゴム厚1mmの角ベルトで内径12mm、13mm、14mmを1本ずつ購入。

最終的に内径12mmを使いました。もしかしたら11mmでもいけるかも。

あと、ヘッドフォン端子から音が出ず、ボリュームが壮絶なガリノイズを撒き散らしていたので、接点復活剤(KURE 2-26)と綿棒で端子を掃除&ボリュームをグリグリしてこれも復活。

TOTOの日本盤でFM飛ばして音出しテストOK。

しかし質の悪い輸入版や、ちょっと反った盤などでは、針圧がほとんどないので

ツツツーーーー

っと針が盤の上を滑ってしまいます。リニアトラッキングではないのです。
反りのない、良質の盤でないとオートプレイ出来まへん(笑)

針も古いものなので、針交換で直れば良いんですが、そこまではちょっと期待できないかもです…

|

« ちょっと行ってきます | トップページ | ちょっと行ってきました »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88376/45072162

この記事へのトラックバック一覧です: SONY PS-Q7を修理:

« ちょっと行ってきます | トップページ | ちょっと行ってきました »