« ベンコットに再会! | トップページ | 恒例のレコードCDセールがまた »

inspiron6000にwindows7 RCを

入れてみました。結論から言うと実用上支障ないようです。
マシンはDELL Inspiron 6000。Pentium M 1.86G、メモリ2G(DDR2-533)。
2005年6月購入なのでもう4年前のスペックですが、快適に動いています。

小心者の私は、将来のアップグレードを兼ねてWindows7評価用にHDDを購入。
Western DigitalのATA100で320GBな「WD3200BEVE」です。
Sa3c3145

入ったOSはWindows7 Ultimate。
Microsoftが一般向けにダウンロードを開始したので、久々にLive IDを利用して早速ダウンロード。
プロダクトキーもしっかりメモしました。
isoファイルのサイズは約2.5GB。これをB's Recorder Gold 9で焼きました。

インストールの所要時間は30~40分くらい。
Sa3c3152

新規購入のHDDでしたが、フォーマットしろと言ってきませんでした。Vistaからそうなったのかな?
Sa3c3148
Sa3c3149

インストール直後は、サウンドと無線LAN(Intel)にビックリマークがついていましたが、再起動を促された後には消えて正常に認識されていました。
Sa3c3153

ビデオカード(ATI X300)は最初は標準アダプタでしたが、再起動後は正常に(WUXGAで)機能しています。

タッチパッドのスクロールが動かなかったので、DELLのサイトからXP用のドライバを入れました。再起動後、「既知の互換性の問題あり」と表示されましたが問題なく使えています。

起動の速さはXPと同じくらいかな。OSしか入れていないので速いのかも。
この記事はwindows7 & IE8で書いています。しばらく使ってみようっと。

Sa3c3154

|

« ベンコットに再会! | トップページ | 恒例のレコードCDセールがまた »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88376/44936322

この記事へのトラックバック一覧です: inspiron6000にwindows7 RCを:

« ベンコットに再会! | トップページ | 恒例のレコードCDセールがまた »