« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

MPS系13連発!!!

ちょっと前にヤフオクで入手したものです。
Dave Pike Set
Between or Beyond the Black Forest 2
Supercool

は持っていたんですが、それ以上に他のが魅力的だったので。

DaunerBetween2_2Davepike_2

Futuremps_2Gunterhampel_2Ironcurtain_2

JazzanovaOscar_2Saba_2SabanovaSnowflakes_2Supercool_2Yancy_2

SupercoolとDave Pike Setは、こないだRoy Ayersのライブに一緒に行ったンセンガ氏に進呈。
長いことCDを借りてたので、その罪滅ぼしも兼ねて。

まとめ買いのお目当ては、
Wolfgang Dauner
Ira Kris
Snowflakes
Between or Beyond The Iron Curtain
Between or Beyond The Black Forest 2

でした。

Daunerさんは相変わらずの不思議音楽デパート。
Ira KrisはBaden PowellばりのBossa Jazzぶり。ギター2本の清涼感!
Snowflakesはこれぞムード音楽大全。MPSの真骨頂。
冒頭のSingers UnlimitedのMPS賛歌がサイコー。

Iron Curtainはファンク度高しのナイスコンピ。その名の通り東欧ジャズファンクのオンパレード。
Black Forest 2はLPで持っているのですが何となく。

これだけ聴くのはたいへんなので、ボチボチ聴いていくとします。
MPS系に飽きるかも(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと行ってきました

予想通り、結局徹夜でした(笑)

ロイおじさんは相変わらずの元気っぷりぷり。テキトーかつ要所を押さえたプレイには毎度驚かされます。だいぶ商売上手になったと見え、チュニジアの夜をバックにCDを手売りし、即サインするなどしてました。なかなか。

演題はここ数回のライブと変わらず往年のヒットナンバー&サンプリングソースですが、それはまあ予定調和ってことで。

MUROさんのプレイ、いやプロのDJのプレイを実は初めて見た(聴いた)んですが、音でかい!というかハコの特性なのか、手下のミキサーの操作ミスなのか、低音出し過ぎの感。あまりの重低音に途中でちょっと気分が(笑)

午前2時半頃に店を出て、近くのバーで癒しつつ、ジャズの話などをして始発を待ち帰路に。久しぶりの徹夜で翌日(というか当日?)は一日中寝たり起きたり飯食ったり、グータラな一日でした。

インフルエンザ狂想曲も終焉を迎えた様子。ひっそりとした街が活気づくことを祈ります。いやほんまに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SONY PS-Q7を修理

Sa3c3157Sa3c3158

これですわ。懐かしいと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
フラミンゴやサウンドバーガーほど斬新ではありませんが、十分のインパクト。
この大きさでダイレクトドライブ。大丈夫か!?

ちょうど1ヶ月前、ヤフオクで「完全に壊れた物として販売」していたものを、何を思ったかおもちゃ代わりに落札しました。

分解すると、トーンアームを動かすためのギアに通じるプーリーと、それを動かすモーターの間にかかっている小さなゴムベルトが伸びきってトーンアームが動かずオートプレイ不可能な状態に。

最初はダイレクトドライブのモーターも怪しく、回ったり回らなかったりでしたが、そっちの方は自然治癒で回るようになりました。

そんな症状でしたので、ゴムベルト1本で簡単に直ってしまいました。

ただしこのゴムベルトを入手するのがちょっと手間でした。これまたヤフオクで特注して入手。安かったので助かりました。どのサイズが合うか検討するため、ゴム厚1mmの角ベルトで内径12mm、13mm、14mmを1本ずつ購入。

最終的に内径12mmを使いました。もしかしたら11mmでもいけるかも。

あと、ヘッドフォン端子から音が出ず、ボリュームが壮絶なガリノイズを撒き散らしていたので、接点復活剤(KURE 2-26)と綿棒で端子を掃除&ボリュームをグリグリしてこれも復活。

TOTOの日本盤でFM飛ばして音出しテストOK。

しかし質の悪い輸入版や、ちょっと反った盤などでは、針圧がほとんどないので

ツツツーーーー

っと針が盤の上を滑ってしまいます。リニアトラッキングではないのです。
反りのない、良質の盤でないとオートプレイ出来まへん(笑)

針も古いものなので、針交換で直れば良いんですが、そこまではちょっと期待できないかもです…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと行ってきます

Roy1

また当選しちゃいました。ペアで。
オヤジのライブはこれで3回目。タダ見は2回目。ホンマすんません!

クラブでのイベントということで、DJさんもたくさん参戦するようです。MUROさんとか。
オヤジは何時出勤なんやろか… 徹夜必至やなこりゃ。

今回はmalletkat持ってってサインしてもらおかな(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

昨日買ったCD

仕事が早く終わったので、久しぶりに中古CD屋へ。
やや品揃えが変わっており、新鮮な気持ちで物色開始。

1000円以下なら買いのシリーズ。
Sungoddess

Ramsey Lewis / Sun Goddess

大名盤。1曲目のタイトルチューンは、
「もうずっとこのままやっちゃってチョーダイ!!!」
的なメロウグルーヴ。ホンマずーっと聴いていたいです。

どファンクあり、メロウありで、緩急ビシビシですわ。
ホンマにこの人は、何弾いてもファンキーにしかならへんねぇ。
うらやましい限りです。

次。

Libra

1000円ではありませんでしたが、Gary Bartzの1967年のアルバムで、
Gary Bartz Quintet / Libra

Milestoneレーベル。Harlem Bush Music以前の録音で、まだどファンクしていない頃。
割と普通にジャズやってますが、オリジナルの5曲のうち
Eastern Blues (Tr1)
Libra (Tr5)
は、後のスピリチュアル路線、ファンク路線を予感させる素晴らしい内容です。

最後。これは掘り出し物でした!

Brazuca

Antonio Adolfo E A Brazuca / same

Blue Brazil収録のTransamazonicaが入った名作。
ファンキー、ソフトロック、サイケと何でもアリの典型的なトロピカリズモ。やや退廃的な美しさが魅力。

相も変わらずあっちこっち聴いてます。これから暑くなってくるので、またラテンとブラジルが増えるかも!?
といいながら、なぜかラヴィ・シャンカールも気になってたりする今日この頃です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

恒例のレコードCDセールがまた

阪神百貨店で催されます。
中古&廃盤レコード・CDセール。

Hanshin0906

昨年暮れにいい思いをしたので、しっかり軍資金を用意して行こうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

inspiron6000にwindows7 RCを

入れてみました。結論から言うと実用上支障ないようです。
マシンはDELL Inspiron 6000。Pentium M 1.86G、メモリ2G(DDR2-533)。
2005年6月購入なのでもう4年前のスペックですが、快適に動いています。

小心者の私は、将来のアップグレードを兼ねてWindows7評価用にHDDを購入。
Western DigitalのATA100で320GBな「WD3200BEVE」です。
Sa3c3145

入ったOSはWindows7 Ultimate。
Microsoftが一般向けにダウンロードを開始したので、久々にLive IDを利用して早速ダウンロード。
プロダクトキーもしっかりメモしました。
isoファイルのサイズは約2.5GB。これをB's Recorder Gold 9で焼きました。

インストールの所要時間は30~40分くらい。
Sa3c3152

新規購入のHDDでしたが、フォーマットしろと言ってきませんでした。Vistaからそうなったのかな?
Sa3c3148
Sa3c3149

インストール直後は、サウンドと無線LAN(Intel)にビックリマークがついていましたが、再起動を促された後には消えて正常に認識されていました。
Sa3c3153

ビデオカード(ATI X300)は最初は標準アダプタでしたが、再起動後は正常に(WUXGAで)機能しています。

タッチパッドのスクロールが動かなかったので、DELLのサイトからXP用のドライバを入れました。再起動後、「既知の互換性の問題あり」と表示されましたが問題なく使えています。

起動の速さはXPと同じくらいかな。OSしか入れていないので速いのかも。
この記事はwindows7 & IE8で書いています。しばらく使ってみようっと。

Sa3c3154

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »