« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

レコード祭りの獲物たち(番外編)

休日の夕方にもかかわらず快く送り出してくれた奥さんに感謝!
ということで、ウチの奥さんの好みそうなネタを仕入れました。

レコード祭りの後、TIME BOMBに連れて行ってもらいました。マニア度高し!!!

ざーっと見渡して、辛うじてNo New York関係やNo Wave関係、US Hard Coreあたりに出物が。James White & BlacksのSax Maniacsや、Bad BrainsのHRのソロでダブっぽいアルバムなど。それは見ただけで買わず、最後に気になる100円コーナーへ。そこで…

Sa3c0198
Dalliance / The Wedding Present

Sa3c0204
Shape / Frente

Sa3c0205
Cow Boys And Aliens / Kitchens of Distinction

Sa3c0206
Green Thought / Smithereens

を購入。Wedding~にはシリアル番号が。コレクターズアイテムか?
Sa3c0199

Wedding以外は、昔聴いたことがあります。Smithereensはアメリカ、Frenteはオーストラリア、あとの2枚はブリブリのブリティッシュロックです。雨のち曇り的な情景がええですなぁ。

ええお土産が買えました。奥さんも喜んでくれたので良かったです~

ついでにここでGONGのCDをこっそり2枚ゲット。
TeapotAngelegg

Radio Gnome3部作の1と2ですね。ちなみに3はレコードで持っています。これですね。
You

実はGONG大好きなんです。特にドラマーのPierre Moerlenのファンでして。クールで正確、なのにそこはかとファンキー。フィル・コリンズが叩いてるBrand Xも同じニオイがして好きですがちょっとテクニカルに走るきらいがあるのでしんどいときがあります。曲はGONGの方が面白いです。A Certain RatioやMagazine、Liquid LiquidやESGの99 Records関係やNo Waveなどのいわゆる「コールド・ファンク」を既に完成させてしまっているところがスゴイ!

いつかGONG特集を! あくまでファンク好きの視線で見たものをお届けしようと思います!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »