« レコード祭りの獲物たち(前編) | トップページ | レコード祭りの獲物たち(番外編) »

レコード祭りの獲物たち(後編)

「Between Or Beyond The Black Forest 2」からです。
ちょうどClarke=BolandのLPを聴き、MPSってこんなレーベルやったんかと気に入っていたところに出くわしたのがこのコンピ。聴きたかったPeter Herboltzheimerも入ってるとなるとこれは買わねばなるまい!

伝説のMPSレーベルがお届けする(前作を凌ぐ)煙たいグルーヴ満載のアルバムです、と言いたげな副題がそそります。CDも出ているようですが、2LPはボーナストラックもあり満足の内容です。

ヨーロッパのジャズファンクは、アメリカのそれとはちょっと違いますね。作り込まれた端正な楽曲を、ファンクという手段で崩すといった趣が強いような気がします。クロスオーバーという言葉がぴったり来るのはヨーロッパのジャズファンクですな。

アメリカの、特にラテンアメリカのそれは、ファンクすることが目的ですから。サルサしかり、ブラジルしかり、脳に行かずに直接腰に来るという感じ。

ちなみにファンクバカ一代はどっちも好きです。

Live At THE CHEETAHは、CDを持っているのに日本盤、帯・解説付LPを見つけて興奮しゲットしてしまったもの。やってしまった系ですが、LP音ええわ~を実感しました。お祭りやしええかと納得。

最後のマッコイ・タイナーさん、70年代のアルバムはどれもスピリチュアリルジャズの名作で、何か見つけたら買おうと思っていたところにこのアルバムが。いいです。鬼気迫ってます。他も聴こう、うん。

と、以上がレコード祭りのアルバムです。

実はこの後もう一軒はしごしたんです。そこで100円セールをやっていまして、ついつい何枚か。こちらはまた後日。

|

« レコード祭りの獲物たち(前編) | トップページ | レコード祭りの獲物たち(番外編) »

レコード漁り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88376/42020648

この記事へのトラックバック一覧です: レコード祭りの獲物たち(後編):

« レコード祭りの獲物たち(前編) | トップページ | レコード祭りの獲物たち(番外編) »