« めっちゃ入用! ケータイ編 | トップページ | めっちゃ入用! クルマ編 »

めっちゃ入用! レコ買い編1

4月と5月はホンマによく買いました。こんなつもりはなかったんですが、見ると欲しいし、しかも安ければなおのこと。さらにはかつてのあんな名盤こんな名盤が数百円とくれば

そりゃあもうっ!!!

ってことで、まずは普通にチクロさんのセールからスタート。

Sa3c0047Sa3c0048
Dennis Coffeyさん必殺の、猛毒ファンクサソリ親子カップリングな12inch。護身用として必携(笑)

Sa3c0049
ベイエリア系硬派ファンクバンド、The Perfect Circle。タイトルは
Sa3c0050
です。自信たっぷり。

そして今回極めつけのどファンク、通称黒茄子(ウソ)。
Sa3c0051

A-1から号泣。A-2のイントロでさぶいぼ後即昇天。後で出てくるYusef LateefのDetroitと並ぶアトランティックの大仕事。単なるゲテモノじゃない、本気で音楽した彼にしか成し得ない「ブラック・クラシカル・ミュージック」の真髄を体験して頂きたいと思います。ラサーン・ローランド・カークの「Blacknuss」。
Sa3c0052

次。

マイルスさん家でしっかりお勉強した、スティーブ・グロスマンが放った直球イケイケなジャズファンク

Sa3c0053

Don Aliasの激烈パーカッションに、Grossmanの咆哮が挑みかけ、それをGene ParlaとJan Hammerがサポートしつつしっかり出るところは出るといった、格闘技的濃密さを伴ったアツいアルバムです。音が悪いのはワザとか?ざらついた感じが逆にスリリングです。

同じくマイルス家から出たDave Liebmanも同傾向ですが、Liebmanの場合はRichard Bairachという耽美的・叙情的なピアニストとタッグを組み、一方Grossmanは以降Stone Allianceで見られるようなブラジル風味(特にリズム面)をうまく取り入れたことでLiebmanとは違った雰囲気を作りました。

そして先ほど書いたYusef Lateef博士の傑作ジャズファンク

Sa3c0054
Detroit(右目)。MotownやけどAtlantic。喧嘩売りすぎです博士~!

はっきり言ってこれで踊らない人いるんですかって感じのA-1。緩急交互に攻められかなり効きます。
さっきのローランド・カーク同様、屋台骨はダチーチー博士(笑)。さらにはチャック・レイニーだセシル・マクビーだレイ・バレットだ!

このラティーフ博士(「ローランド・カーク伝」に博士と書いてあったので引用)もいわゆるマルチ・リード奏者で、カーク船長と同じく口にくわえられる楽器はすべて吹き倒します。

Sa3c0055
Wendell HarrisonのReawakening。
実にピースフルで、かつスペイシーな気持ちのいいアルバム。盟友フィル・ラネリンと、客演で相変わらず独特の歌声を聴かせてくれるレオン・トーマスがええ感じにいろどりを添えています。

ここから3枚はブラジル。

Sa3c0057

ともにブラジル出身のエリカ様(Vo)とシキーニョ君(G)がパリで出したレアなアルバム。視聴して気に入って買いました。端正で涼やかな、聴きやすいジャズボッサです。夏は気温を下げてくれそうです。タイトルがセルメンっぽいのはご愛敬でしょう。

お次は再発ええ仕事の宝庫、Soul Jazzレーベルからコンピ2種。どちらも2LPの大盛り。

Sa3c0058Sa3c0059

勉強不足で知らなかったんですが、ライナーによるとこのPapeteさんはブラジルを代表するパーカッションの巨匠だそうです。ありとあらゆる打楽器を駆使し、いろんなスタイルのリズムを繰り出します。バトゥカーダあり、カポエイラあり、もちろんサンバも。こういうコンピは見て興味を持った時に買わないと。

最後。

Sa3c0060Sa3c0061

その名も「Batucada Capoeira」
です。最強。もうこれは教科書ですね。C-1なんて一生ビリンバウを聴いていたくなります。このミニマルさこそすなわちファンクです。

かなりええモンが買えた、価値あるセールでした。大満足。

|

« めっちゃ入用! ケータイ編 | トップページ | めっちゃ入用! クルマ編 »

レコード漁り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88376/41410305

この記事へのトラックバック一覧です: めっちゃ入用! レコ買い編1:

« めっちゃ入用! ケータイ編 | トップページ | めっちゃ入用! クルマ編 »