« めっちゃ入用! レコ買い編4 | トップページ | 突貫工事でレコードラック »

気になるターンテーブル 研究編1

フォノアンプ内蔵を控え、

(あれ?USB化はどないしたんや!?)

という声もありますが、その前にいろいろ物色してわかってきたことをまとめてから先に進むこととします。

どうやらこのテのプレーヤーは、もともとミニコンポ用のオプションとして設計されたもので、特にコスト面においてその構造が完成されています。その結果、いろんなメーカーがこのタイプを採用しています。スイッチの形など、細かい差こそあれ、よく見るとどれも同じ形です。実はものすごいロングセラー機のようです。

たとえばオーディオテクニカのAT-PL30と、パイオニアのPL-J2500は同じものでしょう。
実は今日、PL-J2500を入手して、さっき裏蓋を開けてみましたが、実によくできています。まだちゃんと見てませんが、割としっかりしたトランスがついていますし、フォノアンプも小型で、いい位置についています。研究のし甲斐がありそうです。 これについては別記事で書こうと思います。

先日手に入れたSHARP RP-L100(BK)とKENWOOD P-3EGも同じです。SHARPはフォノアンプなし、DC電源なので内部がすっきりしています。ある意味これがリファレンス機になるかも。KENWOODはAC電源です。

で、最近話題のSONYのPS-LX300USBも、中身はフォノアンプとAC-DC変換基盤、A/Dコンバータ基盤を所狭しと取り付けた感じになってるんじゃないのかなと。だったら天下のSONY様もそれほど大した仕事してるんじゃないのかなと。でもキモはやはりA/Dコンバータでしょう。

ってことで探してますA/Dコンバータ。小型で高性能でないと。

こういうのがコロっと入ってたらどうしよう(笑)

何か先が見えてきたかな。やっぱり外付けに限る!とか言うてたりして(爆)

いやいやそれを敢えてするところに意味が。

|

« めっちゃ入用! レコ買い編4 | トップページ | 突貫工事でレコードラック »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88376/41565455

この記事へのトラックバック一覧です: 気になるターンテーブル 研究編1:

« めっちゃ入用! レコ買い編4 | トップページ | 突貫工事でレコードラック »