« 気になるターンテーブル フォノアンプ内蔵編1 | トップページ | めっちゃ入用! レコ買い編4 »

気になるターンテーブル フォノアンプ内蔵編2

すっかりファンクから遠ざかってしまいましたが、構わず続けます~

フォノアンプ内蔵編1で書いたのはとんでもない間違いでした。よく考えたら、針が拾うごくごく微小な信号を、なるだけ減衰させずに内部に取り込む必要があり、そのためのリード線なのにそれ自体が抵抗になってしまうジレンマを抱えつつの配線なわけですね。

んーターンテーブルってデリケートやなぁ… 

今も背中でSL-1200MK3がBanda Black RioのMaria Fumacaを元気に鳴らしていますが、これが当たり前と思ってはいけないんでしょうか…

これだとフォノアンプ内蔵より先に、トーンアームの配線をしっかりすることが先決かなと。
方向が定まるまでゆっくり考えるとするか。

|

« 気になるターンテーブル フォノアンプ内蔵編1 | トップページ | めっちゃ入用! レコ買い編4 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88376/41503718

この記事へのトラックバック一覧です: 気になるターンテーブル フォノアンプ内蔵編2:

« 気になるターンテーブル フォノアンプ内蔵編1 | トップページ | めっちゃ入用! レコ買い編4 »