« めっちゃ入用! レコ買い編2 | トップページ | めっちゃ入用! レコ買い編3 »

気になるターンテーブル 準備編

気になるターンテーブルで書きましたが、相変わらず気になってます。USB化。

要するにアナログをデジタル(USB出力)化するだけなんやからそんなにぼったくるような事かと。

とはいえリスク回避と練習のために、自称ジャンクなターンテーブルを2台100円で入手しました。
SHARP RP-L100(BK)とKENWOOD P-3EGです。両方ともフォノイコライザー(フォノアンプ)なしのベルトドライブで、だいぶ前のミニコンポ専用らしく、RP-L100は電源がDC12Vオス、KENWOODにはSYSTEM CONTROLというミニジャックが直結されています。

ジャンクってことですが一応動作確認を…

と思って見ると、両方ともベルトがプーリーから外れているだけで回転しなかった品物と判明。P-3EGは全く問題なく使えてしまいました。

RP-L100は、DC線の先っちょを切断し、余っていたパソコン用のACアダプタ(12V!)を直結、一応回りましたが回転が速く、このままでは使えなさそうなので、RP-L100を実験台にすることにしました。

まずはフォノアンプを内蔵してみて、うまくいったらUSB化ですかね。

ちなみに音出しに使ったLPは
Time_exposure

スタンリー・クラークの「Time Exposure」。サウンドチェック用という訳ではありませんが、何となくベースが効いた音源を選んでしまいます。CDなら
Ulmer
James Blood Ulmerの「Live at the Bayerischer Hof」を店に持っていってかけてもらいます。
アミン・アリの、スピーカーコーン破壊系低音弦ブチブチチョッパーに耐えてくれたミニコンポが今使っているONKYO FR-7GXです。

今、そのコンポを背に呑みながら書いています。後ろでジョルジ・ベン大師匠が
Tropical
を演奏してくれています。ええ気持や~

とにかく実験台は決まったので、あとは実行あるのみ。うまく行きますように!!

もう1台の普通に使えるのはどうしようか…
そのまま使うか、取り返しのつかないことをするか(笑)

|

« めっちゃ入用! レコ買い編2 | トップページ | めっちゃ入用! レコ買い編3 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88376/41437676

この記事へのトラックバック一覧です: 気になるターンテーブル 準備編:

« めっちゃ入用! レコ買い編2 | トップページ | めっちゃ入用! レコ買い編3 »