« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

気になるターンテーブル

私はオーディオマニアではありませんが、ハードウェアは好きです。詳しくないけど。

パソコンとの連携、特にレコードをCDに焼くということについては一旦諦めたんですが、
最近USB接続のターンテーブルが出てますよね、アレをちょっと試してみたくて。

性懲りもなく。

こないだ大学の先輩後輩と飲みながら
「やっぱりレコードはええよなぁ」
と話している中で、
「オレ今プレーヤー持ってないけど、コレ出たら買うわ」
と言っていた先輩がいました。彼は買ったんだろうか?

僕は僕で、前から

Numark PT01

が気になっています。USBではありませんが。

と思ったら、こんなのがあるんですね。
PT01そっくりやないか!!!

調べると、
「NumarkのPT-01というレコードプレーヤーにUSB端子が搭載されたモデルになります」
って言い切ってしまっているがありました。おいおいそれはちょっと言い過ぎとちゃうんか?

しかしコレを見て、PT01にUSBがついただけで(実際はそうでもないんでしょうけど)値段が倍近く違うんやなぁと感じたと同時に、よからぬ思いが脳を支配し始めました。

「PT01改造したらiPTUSBになるでぇ兄ちゃん」

と。

ということで今、

PT01とiPTUSBを両方買い、開腹して見比べたいぞ。
でも両方買うと3万近い出費になるぞ。
ほんでもって失敗したら両方パーの可能性があるぞ。
そのリスクを乗り越えて成功したらええネタになるぞ。

というささやきが交錯して必死です(笑)

誰か先人はいませんかー!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Ahmad Jamal : Jamalca (見本盤)

中古レコード屋に行くと、白いレーベルで

「見本盤」
「非売品」

などと書いたレコードをたまに目にします。今回買った、Ahmad Jamalもそうなんですが、これがスゴイ。
何がスゴイって、これですわ

Jamalca1Jamalca2

なんでわざわざマジックで書くねん!!!

レーベル見えてるんやから別にええやんか!!!

って思うんですが、逆にこれにどうにも心を奪われ、ちょっと聴いてみたくなりました。Fender Rhodesやし、しかもあのM*A*S*Hのテーマが入ってる!
AsideBside

おなじみ日本橋のForeverさんで、未整理500円の山から見つけたんですわ。一緒に連れて帰ってきたのは
Sa330464

Milt Jackson & The Monty Alexander Trio : Soul Fusion
Roy Ayersの業界の父(ウソ)、ミルト・ジャクソン御大のソウルフルな一撃。

Sa330465

Arthur Blythe : Lenox Avenue Breakdown
ジェイムズ・ニュートン(fl)と双頭、本気のクロスオーバー・フリー風味。セシル・マクビー、ジャック・ディジョネット、ジェイムズ・ブラッド・ウルマー参加。個人的にはウルマーのギターが聴けて嬉しいです。

コイツラも500円でした。お得~

で、とにかく見本盤を聴かないと、と針を落とすと、そこには極上のメロウ・ジャズ・ファンクが待ってくれていました!
聴きながらwebで探すと、ネタ盤なんですねコレ。気持ちいい。酒も手伝い、気持ち良過ぎてA面の途中でちょっと失神してました。

前に、「最後まで聴けない」で紹介したHysear Don Walker並みの気持ちいいGrooveです。Jamalさんの方が少しファンク寄りです。

いやあええモン買いましたわ。でもジャケットが(笑) いつか正規盤を廉価で手に入れたいものです。
Jamalca

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Music is my sanctuary +1 ?

そうです。Gary Bartzのアレです。

Sanctuary

スピリチュアル度★★★★★のゲイリー・バーツさんが、ミゼル兄弟@スカイ・ハイ・プロダクションと組んで流麗なフュージョンを繰り出した、賛否両論ありますが素敵なアルバムです。

先日ようやく、というか偶然立ち寄ったKING KONGでLPを見つけました。ジャケットがピカピカなので多分リイシューだと思います。とにかく買いまして、家で盤をしげしげと眺めると、両面3曲ずつしかクレジットがないはずなのに、A面に4曲入ってると思しき溝が。

盤の表記も3曲。でも溝は4曲分。

何が入っているのかと、はやる気持ちを抑えつつ4曲目がかかると…
何と何と、

Funked Up

ではありませんか!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

こりゃあオドロキです。Funked Upは、
Mizell

に入っているほか、12インチでも出ています(試聴可)
Funkedup

重量級ジャズファンクの名曲ですね。先に12インチを買いましたが、sanctuaryのリイシューにこっそり入っていたとは知りませんでした。

店で見たら盤の溝を確かめてみましょう。A面に4曲入ってたら「アタリ」です!?
4grooves_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

事件です

といっても物騒な話ではありません。
このところ金の字ご執心のSahib Shihabのレアモノがリイシューされるんです。

これはちょっとした事件です。

クラブ業界の方々の熱心な掘りによって再発見&再評価された彼とその周辺の録音は、澤野さんが再発させたSahib Shihabの
Sahib2
が人気であることからも分かります。また前に紹介した

Sahib

Boland1
に入っている
Om Mani Padme Hum
が堪らなくカッコイイことからもわかります。特にClarke-Bolandのバージョンは、最初から最後まで疾走しっぱなしのビッグバンド仕立てで身の毛がよだつほどカッコええんですわ!

で、何がリイシューされるかといいますと…

あ、ここに書いてありますね。

ヨーロッパ激レア盤 CLARKE BOLAND関連5タイトル 再発!

ってことです。このうちsahib shihab関連の3タイトルを予約。イタリアrearward(SCHEMA系列!)からのリイシューです。相変わらずええ仕事してますわSCHEMA軍団は。

で、先月中旬にとある通販業者(一つは超大手)2軒に注文をかけましたが、超大手さんは今日になって「予定通り入荷しません」と言ってきました。これは予想通りのリアクション。次回発送予定は連休明け。

もう一つの業者は「今月上旬入荷予定」で、「今のところ予定通りです。数量確保してます」というお答え。

リイシューといっても限定生産らしいので、定価で手に入ったらラッキーって状態です。気長に待つとします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »