« ちょっとジャズる | トップページ | 事件です »

ちょっとスピリチュアるジャズる

ちょっとだけジャズるつもりが、あれよあれよと寄り道してしまいました。
スピリチュアル・ジャズと呼ばれるジャンル。
中でもファンク風味が入ったのは格別においしいですわ。

きっかけはOneness of juju。彼らのデビューアルバムがSTRATA-EASTから出たことを最近知ったんですが、私の中でのSTRATA-EASTのイメージは、

「真っ黒けのジャズ・ファンク」
「廃盤が多く、廉価での入手は一生無理かも」

でした。
ところがそれに手が届くんですね昨今ったら!

で、とりあえず
Betsch
The John Betsch Society / Earth Blossom

を試聴してすっかりはまってしまった私は、次に
Shamek
Shamek Farrah / First Impressions

を購入。4曲目の、これでもかと反復するドープなベースラインと、ジャケットのイラストにやられました。

それでちょっと視点を変えて、他のレーベルの再発状況はどうなんだいと調べてみますと、何とNimbusがどんどん再発しているではありませんか!!!

しかもJET SETさんが扱ってる!!!

とりあえず全部試聴だーーーーーーーーーーーーー

と、当然のことながら全部気に入ってしまったわけですが、これでは身が持たないので、とりあえず何か手ごろなCDないかなあと探しておりますと…

Nimbus

あるんですねえこういうのが。Kyoto Jazz Massiveさん編集のNimbusレーベルのコンピ。
とりあえずこれをゆっくり聴いて、気に入ったやつを買おうと。

そんな熟慮の末に買ったのが…

Call
Horace Tapscott / The Call

Raphael
Roberto Miguel Miranda / Raphael

Ocean
Thomas Tedesco and Ocean

そしてやっぱりこれ
Betsch_2
The John Betsch Society / Earth Blossom

おまけに今お気に入りのClarke-Boland関係の未発表テイク集
Offlimits
The Kenny Clarke - Francy Boland Big Band / Off Limits

ということになりました。

さらにこの日はもう一軒はしご。そこで

Brotherah
Brother Ah / Move Ever Onward

Racubah
Racubah ! - A Collection of Modern AFRO Rhythms

をゲット。Brother Ahは何となく勢いで、Racubah !は、Tonny AllenとMulatu Astatkeが聴きたくて。
Brother Ahはもの凄くフリーです。東洋の楽器を多く取り入れ、パーカッシブでエスニックな感じを出しています。そこに語りが乗っかるという構成。試聴できます

どれを取っても、図太いベースラインと扇情的なメロディ、それに祝祭的なパーカッションが加わるという、いても立ってもいられない楽曲の数々。素晴らしいです。

今はファンク→ラテン→ブラジル→ジャズ→スピリチュアルと来て、

またファンクに戻る無限ループに入り込んでいます。しかも掘り下げ系。どんどん行きまっせ。

|

« ちょっとジャズる | トップページ | 事件です »

レコード漁り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88376/40551665

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとスピリチュアるジャズる:

« ちょっとジャズる | トップページ | 事件です »