« Sarah Webster Fabio ! | トップページ | 御茶ノ水DISK UNIONにて »

ちょっとオーディオの話をば。

久しぶりにレコードをCDに録音しました。材料はコチラ。
Deljones

激黒アフロスピリチュアルファンク&詩読系、DEL JONESのPOSITIVE VIBESです。
先日のFabio熱がさめやらず引っ張り出してきました。
そういやコレはアレしてなかったなぁと思い、クルマで聴こうと録音しました。

で、その機材。
プレーヤーはTechnicsのSL-1200MK3。もう15年以上のお付き合い。
カートリッジはPickeringの150-DJ。マニア店員に勧められ。DJしないんですけどね。
つないでるのがOnkyoのFR-7GX。なのでフォノイコが必要。RexerのPE-50。
CDレコーダーもOnkyo。CDR-205TX。

このセットになるまでに、プレーヤーをパソコンにつないでHDD録音をやりましたが、どうしても音飛びが解消されず、やはりパソコンはデジタルだなぁと実感し、オーディオに頼ることにしました。で、2年ほど前にCDR-205TXの中古をヤフオクで買ったのはいいがいきなりトラブル。

CD-R(RW)メディア(もちろんオーディオ専用)を認識せず録音できない!

ダメモトでメーカーに修理依頼したらなんと無償で直って返ってきました。以降順調。
「CDレコーダーは結構熱に弱いので、コンポのイチバン上においてやって下さい」
とは修理担当者の弁。なるほど。パソコンと一緒やねえ。

この対応でOnkyoが好きになりました。

で、オーディオに頼るとはいえ、結局パソコンは切り離せないんですわ。
LP→CDへの録音には、オーディオ用のCD-RW(TDK XA)を使い、録音したRWをパソコンでCD-Rの焼くのです。
録音中ほったらかすとA面1曲になってしまうので、曲の長さを確認しながらリモコンを持って張り付き&カット。
面倒なようですが、パソコンで編集する手間を考えるとボタン1つでカットが済むので結局楽チン。

あえて手間を言うと、CD-Rに焼く時に曲名やタイトルを入力すること。これとて手書きとさほど変わらないし、きれいに仕上がるので◎。

こんな感じでLPをCDに焼いてます。

こうやって手順を書くと結構面倒なことしてるなぁ(笑)


|

« Sarah Webster Fabio ! | トップページ | 御茶ノ水DISK UNIONにて »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88376/17075351

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとオーディオの話をば。:

« Sarah Webster Fabio ! | トップページ | 御茶ノ水DISK UNIONにて »