« NTAH | トップページ | お出会いモノいろいろ(A面) »

とりあえず3枚

買いました。こないだ書いたAランクからさらに選りすぐって。

Lifeforce

Life Forceの"Fearless Warriors"
Joe JenningsとHoward Nicholsonの2人のサックス奏者からなるユニット。コレは81年のアルバム。切なく美しく、そして重い。JAZZ+FUNKの交差点、センス抜群のクロスオーバー。独sonoramaはホンマにええ仕事しますなぁ。
試聴したら買っちゃいますよ多分。
彼らは現在も活動中で、こんなのこんなのを出してます。

次いきます。

Batucada

Batucada - Sound Of The Flavelas

客演が!
Dom Um Romao (Drums, Percussion, Vocals)
Paulinho Da Costa (Percussion)

これでバトゥカーダやられると踊り狂って死ぬぞ。試聴できませんでしたがこの二人に賭けました。来年バトゥカーダやるので参考に…なるかなぁ(笑)

今birdが歌ってるアレじゃありません、念のため。

最後。

Jonhassell

Jon Hassellの"Earthquake Island"

コチラも客演が!!
Dom Um Romao (Percussion)
Nana Vasconcelos (Drums, Percussion, Voices, Berimbau, Tabla, Cuica)

ブライアン・イーノ類似も、かなりパーカッシブでエエ感じのGROOVEです。これまた試聴できます

曲もさることながら、ジャケットのアートワークが緻密です。webでは絵が小さく見えにくいので、届いたらゆっくり眺めてみたいと思います。


一見バラバラなこの3枚、テーマをつけるとすれば

「高速GROOVE」

こういうのに弱いんですよね。打撃系オラオラ煽りに。たまにはこういうのもガガっと聴いてみたいんですよね。

|

« NTAH | トップページ | お出会いモノいろいろ(A面) »

レコード漁り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88376/17226520

この記事へのトラックバック一覧です: とりあえず3枚:

« NTAH | トップページ | お出会いモノいろいろ(A面) »