« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

発症

しました 約3ヶ月おきに出るようですこの症状が!
前回はコレ
で、今回。
JET SETにて;
NITE-LITERS/MORNING MOON & NITE-LITERS
WILLIE BOBO/LOST AND FOUND
SOUL SEARCHERS/BLOW YOUR WHISTLE
GARY BARTZ/JUJU STREET SONGS
NORMAN CONNORS/DANCE OF MAGIC
DOUG CARN/REVELATION

チクロにて;
【FLORA PURIM】BUTTERFLY DREAMS
【NITE-LITERS】INSTRUMENTAL DIRECTIONS
【NITE-LITERS】SAME
【NITE-LITERS】A-NAL-Y-SIS
【NITE-LITERS】DIFFERENT STROKES
【CORTIJO & HIS TIME MACHINE】Y SU MAQUINA DEL TIEMPO
【V.A.】NU YORICA 2
【COKE】SAME

以上14タイトル。第1弾はチクロさんから明日、第2弾は今週末JET SETさんから。
Nite-Litersは、超B級どファンク軍団、New Birthの前身にあたるバンド。
このバンドのファンクがそのまんまNew Birthに受け継がれています。
今まで未チェックだったことを恥じ、試聴してズボっといきました。
遅ればせながらまとめて聴こうってことで。

今回は基本に立ち返ってファンク攻めです。ラテンは数枚です。
NU YORICAが楽しみです。特にエディ・パルミエリのSpirit of loveが。
他には滑り込みでFlora Purim。これまた未チェック。ええ声&さぶいぼなグルーヴでキマリ!
Return to foreverでも歌ってるんですね。全然知りませんでした。浅学反省。
コレ(mp3ファイル直リンク)を聴いて
「ををっ」
と思い、少し思いとどまったんですが、
Butterfly Dreams
の「Dr. Jive, Pt. 1」にヤラれてしまいました。

今週末までチクロさんが会員向けのセールやってるので、もう一回発症するかも。
次はラテンフィーバーかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

これで私もザキール・フセイン

昨日出かけた先で思わぬ掘り出し物を
Sa330453

タブラ(左)が直径10cmほど、バヤ(右)は15cmほど、高さ15cmほどの

オモチャです

でもちゃんとスヤヒ塗ってあります 手抜きなし!
胴は木製です 塗装がやや手に付きます ちょっと手抜きアリ!

このサイズではあの独特の「トゥーーン」という音や、バヤの腹に来る低音は
出ませんが、お遊び程度なら使えそうです コレで2900円は安いね
ザキール・フセイン目指してがんばって、壊れたら置物やね

次。
Sa330455

写真が暗いですね 口琴です
過去何度か買ってトライしては「鳴らせない」と挫折しましたが、インターネットのおかげで鳴るようになりました。
そうか歯をあてて頭蓋骨を共鳴させるんか 何かアブナイ楽器やなぁ
泥酔して演奏したらキモチエエかも知れんねぇ

練習して音を大きく、しゃべりながらビヨンビヨンいわせたいですな
マイクで音を拾ってエフェクトかけても面白そう… ピックアップつけられへんのかな(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

天下一品

好きでよく食べるんですが、昨日ちょっとしたことが

ココの店は大きな国道沿いで、隣に横綱があるのでこんなサービスが
Sa330451_1

コレ全部かけて食べる人おるんやろか

カウンター越しに何気なく眺めていると、
「酎割」っていう、チューハイのモトが3本(青りんご、レモン、ライム)と
日本酒が1本、それからなにやら見慣れた缶がひとつ
Sa330450_1

よく見ると

「KURE 5-56」

でした

トッピングでしょうか

頼むから置き場考えてくれよ店長


| | コメント (0) | トラックバック (0)

エディ四連発

Eddie4

Eddie Palmieri
買ってしまいました

お金ありません

左上
vamonos pal monte

右上
justicia

左下
unfinished masterpiece

右下
In Concert At The University Of Puerto Rico

おまけはtito rodriguezの「tito tito tito」
Tito

まず「Unfinished masterpiece」を聴きました。
3曲目「Oyelo Que Te Conviene(.asxファイルへのリンク)」の、終盤の盛り上がり&壮絶な「キメ」でさぶいぼ出しながら死にましたわ。
もうねえ、「リズムを合わせる」とか「ユニゾン」とかいう生易しい類のもんじゃないですね。何かしら

「覚悟せぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!!!!」

のようなものを感じてしまいます。

これでも食らえ的な。

どつかれそうな感覚という方が近いかな。JBの演奏にもこういうヤバイ緊張感がありますが、それに非常に近しいと思います。そう、この感覚こそファンクです。

ほかはまだ聴いていません。楽しみなのがやはりライブ盤。マイク2本で収録したものをリマスターしたらしいので音質はともかくとして、暴動寸前の盛り上がりを期待してます。

ぼちぼち聴いてまた書きますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来たよ来ましたVol.2!!!

Eddie2

海外発送待つこと10日、やっと着きました!

Eddie Palmieri
Recorded Live at Sing Sing
Vol.2

え!

あれ?

ジャケ裏には
Eddie3

って書いてあるのに、CDプレーヤーに入れると

「2曲入り」

って出るんですが…

さてはLP起こしか?A面全部が1曲目で、B面が2曲目
みたいな雑なリイシューやなこれは

しかもCD番号が「TCLP 1321」
ってこれLPの番号と一緒やで

聴きにくくてかなわないので、パソコンで1曲ずつぶった切ってエディットしてアレしようっと。
ついでにVol.1も入れて2in1にでもしよっかなぁ…
昔2in1でリイシューされたんですが廃盤になってます。

とりあえずアレしたものをゆっくり聴いてまた書きますね。1曲目から

「VAMONOS PAL MONTE」(山に行こう)

です 名曲らしいです 楽しみですわ

アレしたものに興味ある方はコメント下さい(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

人生変わりまっせ

コレ
コレ
コレですわ
Eddie

ナニって
エディ・パルミエリの
ライブ盤ですわ シン・シン刑務所での
しかも

の連中との

「怒涛の」とか「壮絶な」などという比喩はもはや陳腐すぎて使えません
すごいです としか表現できない

お行儀のいい、陽気なラテン音楽など木端微塵、サイケデリックなアルバム(ライナーノーツより)とはよく言ったもので、ジャズ・ファンク・ロックなどの要素をゴチャっと凝縮させてドバーっと出しました的な、痛快無比なライブです。

何曲目がいいとか言ってる場合じゃありません。どんどん盛り上がっていく有様に、あっという間に聴き終わってしまいます。いきなりジョー・ゲインズがMCで煽り、エディの旦那が妙なコードで壊れ気味に、かつ絶妙なグルーヴで持って行く持って行く!続いてエディの兄貴、チャーリーのオルガンのお出まし。ブルース。弟に負けじとブリブリ弾いてます。これまたええ感じに音がきたない!ほこりっぽい!くさい!三拍子揃ったワル音ですわ。ドキドキしますよ。

次。

正調っぽい曲なのは半ばまで。後半はパーカッション乱れ打ち、ちぎれそうな音でラッパが鳴り響く情熱的な曲で、お客さん(受刑者&看守)大満足。

このまま行ってしまうと即死かもということで、フェリポ・ルチアーニのNuyorican Poetry(ライナーノーツより)。詩の朗読ですな。内容は分かりませんが、恐らくギル・スコット・ヘロン並のトンガリ具合でアンチソーシャルなメッセージを叩きつけているんでしょう。それも刑務所内で。ワル共大歓声!

結局全く盛り下がらないまま終局へ。最後の曲「Azucar」を聴く頃にはすっかり出来上がっていることでしょう。その素敵な状態で「Azucar」を聴くと軽くアッチに行けます。酒があればなおよろし。舞い上がるようなサックスに導かれ、バリトンが絡む渋いキメで始まるんですが、エディが繰り出す妙ちきりんかつ美麗なコードに、ベース&ドラムのリズム隊がどファンクで応戦し、ギター(コーネル・デュプリー!!!)がとっつきにくいフレーズやらワウの効いたカッティングやらを適当に垂れ流す!もうみんなソロ状態で、全身全霊で大きなうねりを作り上げています。コレ眼の前で見たら興奮して失神するかも。CDでよかったよまったく。

この状態で4分あまり行ったところで曲調が急に正調に。編集してんのか?それともホンマにライブでやってんのか?って感じ。
しばらくベースソロがあって、またまたチャリ兄の出番。弾き倒し!それをラッパがまともに受け止めて大団円、11分17秒のフィニッシュ。

これにはVol.2があるようで、Vol.2の方がすごいという話もあります。早速Amazon.comのマーケットプレイスで買いましたが、2週間近くたってもまだ届きません。あー楽しみ~ 気絶するかも(笑)

Harlem River Driveではかなりファンク寄りの曲が多かったんですが、やはり本職。これが噂のハードコア・サルサ。思い知りました。そしてすっかりサルサ(NYラテン)にハマりました。FANIA万歳!TICO万歳!あたしゃしばらくファンク&ラテンバカ一代!同時進行します!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

コンガバカ一代、レイ・バレット。

ソウル界でレイのおじきと言えばレイ・チャールズですが、ラテン界でレイのおじきと言えばこの仲本工事顔のラテン・ソウル・マン、レイ・バレット様でございます。

私が買ったAcid & Head Soundsは、タイトルチューンのAcidをはじめ名曲ぞろいなうえに、別アルバム「Head sound」からも何曲か収録しているというお得な仕様になっています。
オススメは
・Mercy, Mercy, Baby
・Acid
・The Soul Drummer (開始1分でサケツミ!)
・Teacher Of Love
・Abidjan
です。ココの下の方でいろいろ試聴できます。しかもフルコーラス!

VAMPISOULというレーベルからのリイシューです。結構マニアックなモノを扱ってます。

先に書いたサブー上人より遙かにとっつきやすく、ひたすら明るく盛り上がる、ブーガルーの基本アイテムですね。海や夜遊びに必携と言えましょう。レゲエもええけど、ブーガルーやサルサもええで。ワタシ今年の夏はラテン・ファンクでキメようかと。

もういっちょ、こっちはベストアルバムです。これの方がオススメかな。

「Acid」からも何曲か入ってますが、もうどこから切っても即死モンです。ラテン・ソウル・マンの名に恥じない、見事なグルーヴとホットでリアルな盛り上がりを堪能して下さい。「Together」を聴いて何も感じない人は買わない方がいいです。久々の金の字大プッシュ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »