« 2006年5月 | トップページ | 2006年8月 »

FUNKY TEXT Chapter T

ナニをさて置きワシントンDC限定流行のGo-Goの顔、Trouble funk。
ファンク度、コールタール度共に5つ星。
Go-Goとはリズムの種類で、強靭なシンコペと6連のフィルイン、そして雨あられの如きパーカッション、というのが標準装備です。代表曲は
*Drop the bomb
*Let's get small
です。こういうモノこそライブが絶対に面白い。大昔に見ましたが、曲がすべてメドレーで、1曲(1メドレー)30分で5つ、合計2時間半踊りっぱなしという、とんでもない体力勝負を強いられてしまったことがあります。でも最高にノリます。

もうねえ、音楽は肉体でやるもんだと痛感させられますよ。
こいつら多分ほとんどモノ考えてません。ベース歯でチョッパるし。

アルバムは
*Drop the bomb
*In times of trouble
がオススメです。

Go-Goといえばここでも触れたように、開祖としてはChuck Brownですが、それをフォローしたのが彼らでありEUであるわけです。

ワシントンDCがGo-Goで盛り上がる一方で、NYではこんなことが起こっていました。
この流れのすぐそばで、ファンクを巧みに取り入れた独自の路線でユニークな音楽を創造しているグループがありました。

鬼才デビッド・バーン率いるアート集団

Talking Heads。

そうです。Stop Making Senseのあのトーキング・ヘッズです。

大至急CD屋に向かい、アルバム「Remain In Light」を購入し激しく聴きなさい!

そして驚きなさい!

ブライアン・イーノが凄腕なだけじゃない。確かにバーニー・ウォーレルのファンクが効いてるとは思いますがその程度じゃない。これはもう、ツェッペリンと並び称されるべき「どファンクロック」ですね。
それが済んだらすかさず「Speaking In Tongues」を聴き、深みにはまりましょう。
仕上げはライブアルバム「The Name of This Band Is Talking Heads」。昇天確実。
ワタシは「I Zimbra」でノックアウトされました。まいった。

その後にデビューアルバム「Talking Heads '77」から聴いてみましょう。ちょっと聴いただけでは同じバンドとは思えません。ポスト・パンクとかアート集団とか言われていた時期です。
「ちょっと変わったロックをやる人達」だったヘッズが進化するさまが面白いですよ。

とにかくRemain In Lightを聴かないと始まりません。全編コレどファンク。
昔バンドの仲間と内輪ライブで「Once In A Lifetime」を演奏しましたが、仲間であるはずの客がドン引きしてたのを憶えています。「さっきのなにあれ~」みたいな事言われて泣きそうになりました(笑)

ヘッズ=デビッド・バーン&ブライアン・イーノと思われがちです。正解です。
でも実はヘッズのファンクを叩き出しているのは、ジェリー・ハリソンの鍵盤とティナ・ウェイマスのベースだと思うのです。そこに実直なクリス・フランツのタイコが乗り、バーン先生の神経質かつ上ずった声が添えられるとあんな感じになるんだと思います。そこはかとなく、どファンク。

あと挙げるとすればTower of Powerなんですが、あまりなじみがないんですわ。
何年か前にブルーノートで見たときは確かに良かった。うん。Squib Cakeが始まった瞬間に踊ってました。昔のライブアルバムも結構いいんです。

でも何か物足りない。アルバム1枚聴いた後の爽快感がないんですわ。
なんかこう、難しいことやってんなあというのが先に来てしまい、楽しめない。
バランスが取れすぎてるんかなあTOPは。TOPファンの方ごめんなさいね。
ガリバルディもロッコも上手なんですよ。凄いんですよ。あんな事出来ませんよ。

でもね、アタイはスラロビやヘッドハンターズ、ミーターズが 好き!


| | コメント (6) | トラックバック (0)

FUNKY TEXT Chapter S

Stevie Wonder。"I just call~"な方が多く、ソウル/ブラコン系に思われがちですが、
結構、いやかなりのファンクを聴かせてくれます。その代表曲が超有名曲
*Superstition
です。他にも、ゴリゴリのどファンク、キーボードうにうに系の
*Black man
この曲、強烈なメッセージ性を持っています。歌詞がさぶいぼモン。

それから、情熱的かつ哀愁漂う女々しい曲(曲はめっちゃカッコエエ)
*Another star
など、今の彼からは想像し難い曲が盛りだくさんです。

余談。Another Starはジャズ・ディフェクターズのカバーが激渋!必聴!

オススメアルバムは
*Talking book(Superstition収録、ジェフ・ベック参加)
*Songs in the key of life(邦題:キー・オブ・ライフ)
*Innervisions
です。昔のキーボードの音ってええなあ、ファンキーで。

もう1組、こちらはめっちゃマイナーですが、Side effectを紹介します。
ジャズ・ファンク系ですが、曲がカッコええんでここで取り上げました。
*Always there
*Goin' bananas
が有名です。Vocalの女性がパンチのある声をしているので、聴いててキモチイイですよ。

そしてSly&Robbieでしょう。
レゲエな彼らもいいですが、シモンズ&ロックイットなハンコック&豪華客演を盛り込んだ必殺どファンク大名盤

は墓場まで持って行きます。世界最強のリディム・セクションといわれる彼らの、Zappにも通じる
「どうしようもなくエレクトリックな音をどうしようもなく泥臭く演奏する」
真骨頂がいかんなく発揮されています。全曲いいですが、敢えて挙げるとすれば
*Make'Em Move
*Black Satin
です。マイルスオリジナルのBlack Satinは実に熱っぽいですが、こっちはクールかつアーシーでこれまたええ感じです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

FUNKY TEXT Chapter Q&R

Pファンク系でQuazarというバンドがあるんですが


持ってない!

入手次第紹介します。というわけでQは後回し!

で、R。Rick James。ソウルの名門、Motownが生んだ本格派ファンカー。陰部を異様に強調したワイセツなファッションがやけに目を引きます。「ええモン持ってまっせ~」って感じです。大ヒットの
*Super freak
はあの(ヒトは今…)MC Hammer が"You can't touch this"でモロにパクって再燃しました。一時どっちがオリヂナルかわからん状態でした。他にも秀逸な
*Bustin' out
*17(Seventeen)
等も強力。甘茶系バラードも得意です。これがまたヤラシイんだ。必聴。

あとはRipple。
*Got to get your own
*I don't know what it is but it sure is funky
はレア・グルーヴの代表曲。踊れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年8月 »