« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

FUNKY TEXT Chapter J

有無を言わさずJames Brownですが、入り口で紹介したので省きます。
ここはとりあえずJB's を。
その名の通り、James Brown のバックバンドで、インストです。これがまた濃い濃い。
メンツは、Fred, Maceo, St.Clare Pinkney, Bootsy/Catfish Collins兄弟etc.
めっちゃ豪華です。
ファンカーならみんな持つべきは
*Pass the peas
*Gimme some more
でしょう。他には
*Hot pants road
*The grunt(ピギーっと叫ぶサックスが緊張感をそそります)
*Doing it to death(いつ見てもすごいタイトルやね)
*Damn right I am somebody
など、名曲がめじろ押しです。

JB'Sはすべてマストですが、まずは1stの
*Food for thought
です。それから立て続けに
*Doing it to death
*Damn Right I Am Somebody
*Breakin' Bread
の波状攻撃に畳み込まれましょう。

それから一発屋さんですがダンスフロアーを激震させていまだに威光を放ち続けるJackson sistersです。
*Miracles
は永遠のダンス・クラシックです。これは是非聴いて頂きたい。
アルバム収録バージョンは子供っぽいので、ちょびっとオネエになってパンチが効いてる12inchがオススメです。

そして、James Blood Ulmerです。彼をブルースマンという人もいれば、フリージャズという人もいて、ジミヘンの再来という声も多く、アバンギャルドとも評されたりします。

多くの黒人ミュージシャンがそうであるように、彼もまた幼少の頃よりR&Bやブルースを聴き、地元のゴスペル隊に参加したりバンドを組んで地元でちまちまやったりしていたようです。初期の演奏はBig John Patton(organ)のアルバムで聴けます。普通のソウルジャズです。
その先には、その後の路線を決定づける、オーネット・コールマン(sax)との運命の出会いが待っていました。オーネットは既にフリージャズの巨匠になっていましたが、その理論を独自に展開することに躍起になっていたようです。
そこに集まったのがウルマーであり、ジャマラディーン・タクーマであり、ロナルド・シャノン・ジャクソンだったのです。
ウルマーは「オーネット学校」のもとで彼らと共に「ハーモロディック理論」を学び、優秀な成績で卒業します。

1979年にはタクーマとオーネットの手を借りながらも「Tales Of Captain Black」でソロデビューを果たします。
その翌年、1980年に「Are You Glad To Be In America ?」をリリース。ココに収録されている
Jazz Is The Teacher (Funk Is The Preacher)
は、その後出す2枚のアルバムの伏線になっていると言っていい程素晴らしいファンクネスが詰まっています。
ジャズは教師、ファンクは牧師。彼にとってどちらがより身近であったかは言うまでもありません。

ちょっと時代背景など;
70年代末期、ファンクとパンクが終焉を迎え、それぞれディスコと商業ロックに取って代わられた当時のニューヨーク。アングラシーンでは、ジェイムス・チャンスのコントーションズやデファンクト、アート・リンゼイのラウンジ・リザースやらが「No Wave」と呼ばれる集団を形成していました。
以前紹介したKONKもここに入ります。ウルマーがこの流れに入ることはごく自然の成り行きでした。

そして満を持して81年と82年に盟友アミン・アリ(bass)、カルヴィン・ウェストン(drum)を従え、
「Free Lancing」
「Black Rock」
を発表します。コレを聴いた時、「こんなカッコええロック初めて聴いた~」と感じました。
とにかくスリリングな曲展開、曲の途中に繰り広げられる、フリーというよりは開放的なインプロビゼーション、性急かつ重いリズムセクションの上で、まさにフリーに、かつストイックに弾きまくるウルマーに心底惚れました。

ファンク全開「Free Lancing」から
Timeless
Pleasure Control
Night Lover
Hijack

ロック全開「Black Rock」から
Open House
Black Rock
Moon Beam
More Blood
Overnight

もうねえ 大変なことになってますから

その後は基本に返って、先鋭ジャズをしばらくやったり、さらに立ち返ってブルースの録音を数多くやっておられます。そんな中でもファンク路線をキッチリ押さえているのが
カルヴィン・ウェストン(Grant Calvin Weston名義)の「Dance Romance」
JAMES BLOOD ULMER BLUES EXPERIENCE 「Live at Bayerischer Hof」
です。特にLiveの方は24bit DAT録音だそうで、レコードみたいに音がいいです。
このレコードまだ手に入るかなあ CD未収録の曲が1曲あるらしいです 2500枚限定プレス 見たら即買!

最新作もブルース。「Memphis Blood: The Sun Sessions」
コレはまだ買っていませんが、去年セッションでやった「Double Trouble」が収録されているので近日中に買おうと思っています。

ウルマーの「同級生」、Jamaaladeen Tacumaもかなりユニークなベーシストです。
Show Stopper(パンク・ファンク)
Renaissance Man(フリージャズ)
So Tranquilizin'(ディスコ)
等、ジャンルは多彩ですが手を抜かずどれも名作揃いです。とくにルネッサンス・マンはよく聴きました。

今、ヤフオクをちらっと覗いたらなんと、Cosmetic名義でタクーマが激弾きしている名作、テンプスのGet Readyの12インチが出品されているでは!

とりあえず入札しましたわ 乞うご期待!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の大地

女満別空港から北見方面にバスで移動中なんですが、真っ白けですねぇさすがに。今日は移動だけで、夕方には温泉でゆっくりです。明日は大事な客先との打合せ。バスの中暖房効き過ぎ!暑いぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FUNKY TEXT Chapter I

Isley Brothersですよ。
もとはソウルグループで、シャウトが売りの元気なグループでした。
*Shout
*Twist & Shout(ビートルズがカバーしたあれです)
はスタンダードですね。
そのアイズレーが、ファンク道に没入していくのは、60年代末頃からです。
その後のアイズレーのファンクスタイルの原形となる
*Work to do
*It's your thing
は、今聴いても実に新鮮です。ちなみにWork to doは、アヴェレイジ・ホワイト・バンドがかっこよくカバーしてます。
この頃、アイズレーはギタリストになんとジミ・ヘンドリクスを引き入れようと躍起になっていましたが、ジミが死んでしまったので実現には至りませんでした。結局、兄弟のアーニーがギターに入って、さてここからいよいよギターファンクが始まります。まずはディスコ定番の
*That lady
最初のギターの斬り込みは他の曲でも堪能できますが、この曲は何と言ってもライブです。アーニーのギンギンのギターソロ、涙モンです。

黒粘コールタール型ファンクが炸裂するT-Neck時代のアイズレーこそ最強の布陣です。ギターもいいですが、従兄弟のクリス・ジャスパーのキーボードの使い方がめちゃめちゃうまい!
曲に音色がバッチリはまってます。この頃(1975年前後)の録音にしばしばARP SYNTHESIZERという記述を見かけます。ウェルドン・アーヴィンやハンコック氏、Kool & The Gangも使ってました。
わざわざARPと書くところがmoogやFender Bassみたいでエエ感じに自慢げですね。

*Fight the power
*The heat is on
はマスト中のマストです。いやらしく腰が動く事必至。
Charとエディ・ヘイゼルを合わせたようなギターソロが炸裂する
*Hope you feel better love

アイズレーのもう一つの顔は、極熱&極甘バラードです。
*For the love of you
*The highways of my life
そしてド定番
*Between the sheets

てなわけで、おすすめのファンクなアルバムは
*The heat is on
*3+3
オシャレ路線のアイズレーを手軽に聞くなら編集盤CDの
*Groovy Isleys
*Mellow Isleys
がおすすめです。

エエ声・エエ曲・エエ演奏、完全無欠のアイズレー、大プッシュしときますわ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FUNKY TEXT Chapter H

Headhuntersですよヘッドハンターズ!

大学生の頃、心斎橋の中古レコ屋「KING KONG」でのやり取り;

金:まいど~。今日ジャズ・ファンクのええのん探しにきたんやけど、何かない?
店:これ聴いてみるか?(と言って出てきたのが「Survival of the fittest」)
金:これ、誰?めちゃめちゃかっこええやん。
店:そやろ。Headhuntersいうねん。
金:Headhuntersって、あのヘッドハンターズ!?
店:そや。ハンコックのバックの奴等や。
金:へ~、ほんで、これいくら?(ジャケットもボロボロ、盤もきたない)
店:ハイ(と言って値札を見せてくれたらなんと9.800円!)。
金:えぇっ、そら高すぎるわぁ。勘弁してえな。

…時は流れて現在。
当時はクソ高かったレコードも、今ではCDになっていて簡単に入手できます。
エエ時代になったモンです。

で、当時出た2枚のアルバム
* Survival of the Fittest
* Straight from the Gate
はCDで入手可能なので見たら即捕獲しましょう。

* God make me funky
* If you got it,you'll get it
* Straight from the gate
* Descending Azzizzium (The Beginning Of A Dream)
* Pork Soda

あたりが聴きどころですね。

以前書きましたが、ヘッドハンターズの核となる人物は
Paul Jackson(Bass)
Mike Clark(Drums)
の二人です。このリズムセクションが繰り出す緩急入り混じった複雑なグルーヴはタダもんじゃありませんよ。
そこに乗り上げるビル・サマーズのパーカッション。国籍不明度★★★★★!
さらにはベニー・モウピンのらっぱが、叫び狂うように、またどしっとのしかかるように展開します。バスクラリネットの、音として聞こえるギリギリのえぐるような低音が妖艶な感じを醸し出します。
70年代中期は、彼らのようなジャズも出来るファンク屋がもてはやされた時代でした。

そんな野郎に目を付けたのが、ファンクをやりたくてやりたくて死にそうになっていたHerbie Hancockでした。
ムワンディシでコケた彼は、一緒にファンクをやってくれる仲間を血眼で探してました。そんなとき、ムワンディシで一緒だったベニー・モウピンの縁でヘッドハンターズの連中に出会い、彼らの助けを借りて1973年に大名盤「Headhunters」
を作り上げるのです。
*Chameleon
はマスト中のマストです。

その翌年の1974年、ヘッドハンターズは逆にハンコックをプロデュースに迎え、先述の「Survival of the fittest」をリリースするのですが、ハンコックのアレはオイラ達のアレだと言わんばかりに、どこにこんなファンクを隠し持ってたのかと思うほどハンコックのアルバムとは比べ物にならないドス黒さ全開で飛ばしまくってます。
その後ハンコックはヘッドハンターズのファンクネスをうまく利用し、これまた激烈ファンクな
* Thrust
をリリース。その後も順調に
* Man-Child
* Flood (ライブ、邦題「洪水」)

と、ファンク度の高いアルバムを出してくれます。
ちなみに「Flood」は東京でのライブです。ここでの「Actual Proof」の演奏は、コイツらいったいどこまで盛り上がるつもりやねんと思うくらい興奮します。

他にも「Man-Child」から
*Hang up your hang ups
*Steppin' in it
あるいは「Thrust」からこれまた「これぞヘッドハンターズ」という怒涛のグルーヴ
*Spank-a-lee
など、この頃のハンコックは聴きどころ満載です。

その後はエレクトロ路線に転向し、ディスコ大流行時代にボコーダーかまして歌いまくって大ヒットした
*You bet your love
*Tell everybody

ヒップホップ/ラップがNYでブレイクし始めた時にビル・ラズウェルを招き、早くもスクラッチを大胆に取り入れてこれまた大ヒットした
*Rockit(ビデオがカッコエエんだ、これでロボットダンスをやってみた人も多いはず)
*Hardrock

さらにはアフリカものをやったり、またDJと組んでみたり…
その間にジャズをやってみたり…
…要は、流行りモノを取り入れてヒットを飛ばすのが非常にうまいんですよ。ちょっと鼻につくけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高校時代の同級生

達が10人ほど集まり、地元で宴会でした。
中には卒業してから全然会っていなかったり、在学中も全然話したことなかったりな同級生もいましたが、そんなことはお構いなしにしゃべりまくりました。もともと教師も生徒もユニークな人間が多いところでしたが、卒業して20年近くにもなると色んなジャンルに飛んでいってますわ。それが利害の全くないところで再会し話を聴くというのはホントに楽しいモンです。来年は卒業20年の節目なので、学年同窓会でもするかってことになりました。目標動員数100人です。いつも幹事をしてくれるT氏と、彼から勅命を受けたS子さん、よろしゅうに!ワタシも手伝いますわ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ソフトマシーン

というバーに行ってきました
時々このブログにコメントを寄せてくれるKZO氏、プログレ好きのタイコ翁氏、そしてつるべ氏も合流し、終電を忘れ食い入るように映像と音楽にはまり込んでいました。
webにも書いておられますがホントに隠れ家的なお店で、色んなものが所狭しと置かれ、吊られ、本が並べられています。雑然としながら落ち着けるところは、オタクな友達の部屋で飲みながら音楽談義をするような感じに似ています。なんか居心地がいいというか、ダラダラいつまでいてもええような感じです。
で、そこで見たクラフトワークのライブ映像にやられました。めちゃめちゃカッコエエ! これはもういいとか悪いとかの問題ではなく必修ですよ必修。
たぶんミニマム-マキシマムを見せてもらったんだと思います。
ヒップホップの巨人、アフリカ・バンバータをして「ファンク」と言わしめた彼らのクールネスがギュギュッと詰まったライブ映像でした。
他にもフォーカスやU.K.のライブ盤、ツェッペリンのライブ映像(ボンゾカッコ良過ぎ)、カルメン・マキや頭脳警察などの70年代前半の貴重な映像まで堪能し、気がつくと1時半でした。

プログレバーということですが、それだけじゃなく何でもありみたいです。
いやー濃い空間ですわ。また行きたいですわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トムカースープ

PAP_0028
でした今日の晩御飯は
「辛いで~」と脅されていたのですが、ナンプラーとレモン汁で味を調えるとあら不思議でした
トムヤムクンは辛過ぎて苦手という方にオススメです
ココナッツミルクの甘みとコッテリ感で、お腹いっぱいになりますよ

例によってココお品でございます

んまかった!


| | コメント (1) | トラックバック (0)

FUNKY TEXT Chapter G

Graham Central Stationを挙げておかなければなりません。
「おい、スライの時に書いてたやんけ」と突っ込みを入れそうになった方、鋭い!
その通りなんですが、彼(ラリー・グラハム)のワガママチョッパーをもっと知って頂きたいので、敢えてしつこく取り上げます。

何がなんでもマストは
*Pow!
それから、
*Release yourself
*The entrow
*Last train
グラハム様がボコーダーで歌いまくる
*Now you want to dance
ロック色濃い
*Earthquake
等、名曲がたくさんあってどれを選んでいいか困ってしまいます。
主なアルバムは
*Release yourself(邦題:魂の開放)
*My radio sounds good to me
*Now do you want to dance
です。アルバムの最初に楽しげなアカペラが入っています。結構ええ感じです。

そして、Gil Scott Heron
この人はもともと詩人で、ピアノやパーカッションの演奏をバックに詩を朗読するという、いわばラップの開祖のような方です。しばしばLast PoetsやWatts Prophetsとセットで引き合いに出されます。

「社会派詩人」「NY吟遊詩人」「黒いボブ・ディラン」等と形容されますが、なぜそう言われるかは彼の歌詞にあるのですが、英語の達者な人でも1970年代のアメリカの社会背景に精通していないと本当にはわかりません。
ワタシ? 詩集持ってますけどわかるわけないやん!

ここで講釈を垂れるのは趣旨からはずれるので、音楽としてのかっこよさだけを楽しむことにします。歌詞に興味がある人は詩集「So Far So Good」を読んで下さい。

さて…
彼は1970年にFlying Dutchmanからデビューし、5枚のアルバムを出します。
ラップ度満点の
* The revolutuin is not be televised
* No Knock
* Brother
や、クロスオーバーな
* Lady Day and John Coltrane

そしてラッパー達のサンプリングソースとしてあまりにも有名な
* The Bottle
がリリースされたのもこの頃です。

その後盟友Brian Jackson(p,key)とがっちり手を組み、'75年~'84年の間に、ベスト版を含め11枚のアルバムを出します。この頃からさらにジャズファンクっぽくなってきます。

* It's Your World
* Third World Revolution
* Three Miles Down
* Show Bizness
* The Klan
* Gun
* B Movie

しばらくのブランクの後、それを微塵も感じさせない大傑作ライブ
TALES OF GIL SCOTT-HERON and his AMNESIA EXPRESS
を出します。クロスオーバー度★★★★★

で、10年ぶりにアルバム「Spirits」をリリース、これがまた濃い!
音は多少現代的になりましたが、「節(ぶし)」は変わらず。
さらに嬉しいことにBrian JacksonとATCQが!
年いってさらにエエ声になったのではないでしょうか。激シブ!

そしてお次はGap Bandです。どちらかといえばディスコ向きですが、デビューアルバムはメチャメチャ泥臭いファンク。
*I-Yike-It
*Easy Life
はその中でも最高に黒いです。この曲はアルバム
*Magician's holiday
に収録されています。

ディスコっぽい曲では
*Shake
が結構イケます。70'sからずっと根強く活動しており、ファンクの何たるかを熟知した上でディスコ、ブラコンを渡り歩いているつわものです。

最後にPっぽい(Pファンク系)バンド、General Kaneを紹介します。
デビューした頃はGeneral Caineと名乗っていましたが、Cocaine(コカイン)を連想するということでKaneに改名したらしいです。
*Shake(Gap Bandとは同名異曲)
で決まりでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もいっちょアジミル

って勝手に省略してごめんなさいね>アジアンミール様
何か「味見る」みたいやなぁ

で、そのアジミルさんで買った「揚げ麺」で皿うどんを作ってもらいました
これですっ!
saraudon
皿うどんは好きでよく食べますが、いつもの麺は食べているうちに麺が柔らかくなってしまい、あの「バリバリ」が最後まで持続しないのですが、アジミルさんのこの麺はそれほど太麺でもないのに最後までめちゃバリです!
これはねぇ、オススメですよ

ちなみにワタシ、皿うどんには酢をぶっかけて食べます
これは新婚旅行(九州)の道中で入った皿うどんのお店で教えてもらった食べ方です
それ以来、酢なしで皿うどんを食べることなど考えられません めっちゃおいしいです
これもねぇ、オススメですよ

これを米酢と併用すると所在不明なアジアンぽくっていいかも

ココに教えてあげたいもんですなぁ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

FUNKY TEXT Chapter F

FといえばFunkadelicですが、「何が何でもP-Funk」でコッテリと紹介しましたのでここでは割愛します。

で、The Fatback Bandです。私、大好きなんですよ。70年代の作品は非常にDeepだし、80年代に(Fatbackと名前を変えて)入ってもダンスフロアー向けでありながら上質の曲を出しまくってくれました。アースとは違い、「バネ」があります。
初期の作品
*Mister bass man
*Soul finger
*Wicky Wacky
などはモロ下半身直撃重量級ファンクです。毒ありまっせ~。

その後、
*Spanish hustle
*Do the bus stop
といった、良質のダンスミュージックを出してくれます。
ちなみに、HustleやBus stopというのは、ディスコ・ダンスのステップの名前です。ソウルトレインの世界です。
泣きの名曲
*I Found Lovin'
はなんだか胸にキュンと来やがります。

主なアルバムは
*Keep on Steppin'
*NYCNYUSA
*Yum Yum
*Raising Hell
*Night Fever
です。

そして、もういっちょ。くっさいジャズを輩出することにかけては右に出るもの無しの大御所、Prestige(!) 出身のFunk Inc. です。インスト中心で、
*Chickin lickin'
*Sister Janie
といった結構エグいファンクを聴かせてくれます。アルバムは
*Acid Inc: The Best of Funk, Inc.
が手軽でおすすめです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FUNKY TEXT Chapter E

Earth,Wind&Fire でございます。モーリスがクネクネ踊り、フィリップが高音を出しまくり、ヴァーダインがベースを持って踊りまくり、らっぱ(Phoenix Horns)が火を吹くという、お決まりのスタイルです。

ダンスフロアーではいまだに絶大な人気を誇っていますが、私思うにアースには「バネ」がない。
これはいわゆる「歌謡ファンク」です。

S氏語録より引用;
>「あーす」のリズムは基本的に「どんぱどどんぱ」
>当時の「ですこ」ではみんな一緒に「ぱ」に合わせて手拍子
>ブラジョンやアイズレーのように、タイコはただの8ビート
>ベースだけむちゃくちゃ細かいってゆう方がいいですね

ディスコで手拍子してどうすんねん! 盆踊りやぞそれは!

って感じですね。

大所帯であり、また宇宙的な所などはPファンクやKool & The Gangと比較されがちですが、Pと決定的に違うのは、アースにはゲットーの泥臭さ、ブルーズ色があまり感じられない点です。なんか小奇麗なんですよね。
まあ、モーリス・ホワイトさんがラムゼイ・ルイスさん家でタイコをやってたこともあり、アーバンなオシャレ路線が出たような感じでしょうか。

勿論、アースの曲にも
*Jupiter
*Getaway
*Shining Star
のようないい曲もたくさんあります。また、不滅の
*September
*Let's Groove
などは今更ここで取り上げるまでもありません。フィリップ・ベイリーのファルセットが冴え渡る
*Reasons
*Fantasy
もマストでしょう。

主なアルバムは
*That's the way of the world
*All'n'all
ですね。

大学4年のときに、アースが大阪城ホールでライブをやるというので見に行きましたが、会場前からMYER'S RUMをストレートでキメてしまい、ベロ酔いで見た記憶があります。隣のグループも何やら出来上がり系で、その一角だけ異様な空気を放出してました。

ステージではヴァーダインがいちばん盛り上がってましたが、歯茎をむきだしてピョンピョン飛んでるだけでした。
お前チャンと弾いてるかホンマにって感じでした。
ステージではモーリスが瞬間移動する大ネタをやったり、仕掛けは随所にありましたが。
音楽的には普通のライブだったような。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »