« とにもかくにもジェイムズ・ブラウン | トップページ | 何が何でもP-Funk »

とるものもとりあえずスライ

今日はスライです。正式名はSly & The Family Stone。
リーダーのスライ・ストーンことシルヴェスター・スチュアート率いるロック色濃いバンドです。
この頃のファンクバンドはみんなブルースを根っこに持っていますね。

最初はヒッピー的なコンセプトで、表向きは人類皆兄弟だぜLove&PeaceでHappyだぜぇって感じの裏向きはおいらは黒人だ何だバカヤロウってな具合でしたが、かのチョッパー奏法の開祖、ラリー・グラハム様が暴れ出してからそのコンセプトに変化が生じてきました。

おサイケなノリは以下の曲で体験出来ます。
*Sex machine(JBの曲とは全く違うよ)
*Don't call me nigger,whity
*I want to take you higher

スライ流クール・ファンクが堪能出来るのが…
*Sing a simple song
*In time
*If you want me to stay

で、グラハム様がワガママチョッパー全開で暴れ出すのが…
*Thank you
*Stand!(チョッパーベース誕生の瞬間です)
*Dance to the music

です。スライのファンクはアルバム「Fresh」までが全盛だと思います。
以降のアルバムはいい曲もあるんですが、限定されたハピネスというか、かなり内省的な音に感じます。
本当はこういうのがやりたかったのかも知れません。
*Remember who you are

グラハム御大は、スライにはアクが強すぎたのか、しばらくしてバンドを離れ、「グラハム・セントラル・ステーション」を結成します。まさにやりたい放題、尻穴全開イケイケファンクです。
歌い、叫び、そしてチョッパる。時にはベースのボディからマイクがニョキっと生えてる飛び道具も。何これ。

代表曲は
*Jam
*Pow!
*Release yourself
*The entrow
*Earthquake

Pow!を聴いた時はそのチョッパーベースに圧倒されました。俗に言う
「トイカカイカイカツツペイツツペイ トイカカイカイカンーベーンーベー」
です(笑)
マーカス・ミラーやスタンリー・クラークのような流麗さなど微塵も感じさせない、またルイス・ジョンソンのようなコンテンポラリーさも皆無。
弦を激しく叩きつけそして引きちぎらんばかりの勢い、荒くれ度★★★★★、問答無用の激烈コテコテチョッパーです。 

あー力入るなぁチョッパー大好きなんですよワタシったらもう大変

ちょっと落ち着きました

一方のスライの方ですが、ここ20年以上目立った活動がありません。さみしい限りです。
あのメチャメチャクールなファンクをまた聞かせて欲しいもんですなあ

次回はワタシが最も深い思い入れのあるP-Funkです。

|

« とにもかくにもジェイムズ・ブラウン | トップページ | 何が何でもP-Funk »

FUNKY TEXT」カテゴリの記事

コメント

スライはロック寄りなんで好きです。『ANTHOLOGY』は捨て曲無しでたまに聴いとります。
やっぱりトーキングモジュレイターバリバリのどサイケ盤『STAND!』中の曲が好きな感じです。あと『暴動』の「RUNNIN' AWAY」って曲もえぇ感じです。
コレはスペシャルズのテリーホールがスペシャルズ抜けてファンボーイスリーの後に結成したカラーフィールドというバンド(ユニット?)でカバーしててオリジナルのもっさりした感じじゃなくてバキバキの80'sブルーアイドファンク(?)な感じに仕上がっててE感じです。

投稿: KZO | 2006/01/11 23:22

家にあったよColorfield アルバム"Deception"やね ウチの奥さん(ブリティッシュロック大好き)がカセットテープ持ってたので早速例の曲を鑑賞会 確かに「ぶるーあいどそうる」で、音使いがファイン・ヤング・カニバルズみたいやなぁ等と呑みながら話してました で、いつ呑みに行く?(笑)

投稿: | 2006/01/14 10:12

うわっ、通じちゃいますか(笑)奥さんとも飲みたい感じな当方英国好きのVo.三十路男子という感じです(笑)
今日実はつるべとも話ししておってですねぇ、、「ソフトマシーン」いきましょう!
日にちは金曜か土曜の晩がベストっぽいですが(明日を気にせず飲む感じ)、1/27とか2/4
とかどうでしょーか?でも平日もOKです。

投稿: KZO | 2006/01/15 04:40

1/27出張が入ってしまったので2/3とか2/4とか2/5とか如何でしょうか?

投稿: KZO | 2006/01/16 20:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88376/8043673

この記事へのトラックバック一覧です: とるものもとりあえずスライ:

« とにもかくにもジェイムズ・ブラウン | トップページ | 何が何でもP-Funk »