« とるものもとりあえずスライ | トップページ | FUNKY TEXT Chapter A »

何が何でもP-Funk

本日はいよいよP-Funkです。
そもそも"P"って何やねん、から疑問が始まるのですが、初期のファンカデリックが持っていたPsychedelicな雰囲気から取っているだとか、パーラメントのPだとか、いろいろ言われていますが、一番もっともらしい解釈はP-Funkの総帥ジョージ・クリントンが自分の音楽を説明するときに使う
Pure Funk, Uncut Funk
のPから取っているというものです。

いずれにしても得体の知れないそんなP-Funkですが、散髪屋に入り浸っていた仲間で作ったコーラスグルーThe ParliamentsがParliamentの母体で、そのバックバンドがFunkadelicの母体です。
ほなFunkadelicはインストバンドか?という疑問が湧きますが、活動を続けていくうちに、Funkadelicでジョージ・クリントンその他のThe Parliamentsの連中が歌うというスタイルが徐々に確立されてゆき、コーラスグループとしてのThe Parliamentsはなくなって、Parliament という、「コーラスを主体とするファンクバンド」が出来上がっていくのです。
一方Funkadelicは「JB直系ファンクを主体とするロックバンド」へと進化していくのです。

で、まず Funkadelic 初期(70年)のおサイケな作品は…
*I bet you
*Good old music
*Free your mind and your ass will follow

それから大名盤 Maggot Brain の登場です。Eddie Hazel(g)が大暴れのタイトルチューンから、Super Stupid などなど、このアルバムで Funkadelicの音楽性が確立されるのです。

一方、Parliament の方はといえば、70年に Osmium という、非常にソウル色の濃い素晴らしくクオリティーの高いアルバムを出したっきりしばらく活動停止状態なのでした。この頃は Funkadelic の活動がメインだったようです。

その後 Parliament は74年に Up for the down stroke (邦題:Pファンクって何だ?)という、P-Funkの黎明を告げる作品を世に送り、これを皮切りに次々とクオリティーの高いアルバムを出していきます。
Parliament のスタイルが確立したのが Chocolate city(ワシントンのことやね)というアルバムです。
ブーツィー大爆発、クリントン総帥もキレまくってます。この辺のキレ具合は…
*Up for the down stroke
*Ride on
*Side effects
で堪能出来ます。

Funkadelic はそれより少し前に、それまでJBのバンドでベースを弾いていたブーツィー・コリンズを迎え、冒頭で書いたように強力なファンクネスを蓄えロック道を邁進していくのです。この辺は…
*If you don't like the effect,don't produce the cause
*Loose booty
*Cosmic slop
*Alice in my fantasies
の曲で体験出来ます。

その後Parliament はMothership connection、Funkadelic はOne nation under a groove という、ファンク史上に燦然と輝く2大傑作を放出するのです。

さらには、いよいよ怒濤の P-Funk Earth Tour が始まってしまうのです。この模様は1977年の傑作ライブアルバム P-Funk Earth Tour に収録されています。
その前年に Parliament は先述の Mothership Connection を発表、一方の Funkadelic は1976年になんと2枚もアルバムを出すなど、異常なまでのハイペースで作品を世に送り続けていたのです。

で、アースツアーの翌年、「P-Funkとは一体何なんだ?」という永遠と思われた問いに答えた P-Funk の歴史的大傑作 One Nation Under A Grooveが生まれました。このアルバムタイトルが示す意味は、「P-Funk とは音楽のジャンルでもなければ、ある特定の音楽スタイルを表すのでもなく、一つの Nation なのだ」ということです。
要するに
P-Funk is one nation under a groove.
ということです。そうです。P-Funk とはGrooveが統治する一つの帝国だった訳ですね。
統治者はどっか知らん星からやってきたDr.Funkensteinことクリントン総帥
それで Earth Tour なんです。

Parliament はこれを頂点に失速し、アルバムは3枚ほど出してはいましたが、もはや以前の様な神通力的ファンクは聴かれなくなっていました。一方、Funkadelicは、One Nation~ の後にこれまた名盤 Uncle Jam Wants You を生産、P-Funkは Funkadelic に集約されるかと思いきや、売れてくるとつきものの金銭トラブルと、ジョージ・クリントンのキツいクスリ関係に辟易したブーツィーやバーニー・ウォーレル等が帝国を去り、事実上1980年に空中分解してしまいます。

しかーし、ヒップホップ屋やDJ屋のサンプリングソースとして再注目され、
90年代初頭になんと再生を果たしたのでありました。十有余年の歳月を越えて、今再び…

ジョージ・クリントンを中心に書きましたが、他にも個性的なヤツらでいっぱいのP-Funkファミリー、
ココで書くには奥が深すぎてとても紹介しきれません。

One nation under a groove! P-Funk 帝国は永遠に不滅だ!

(必殺必聴アルバム)
Mothership Connection / Parliament
Chocolate City / Parliament
Maggot Brain / Funkadelic
One Nation Under A Groove / Funkadelic
Uncle Jam Wants You / Funkadelic
P-Funk Earth Tour / P-Funk All Stars

|

« とるものもとりあえずスライ | トップページ | FUNKY TEXT Chapter A »

FUNKY TEXT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88376/8216911

この記事へのトラックバック一覧です: 何が何でもP-Funk:

« とるものもとりあえずスライ | トップページ | FUNKY TEXT Chapter A »