« 何が何でもP-Funk | トップページ | 【訃報】ウィルソン・ピケット »

FUNKY TEXT Chapter A

awb
Average White Bandです。
実はこのバンド、ドラマーのSteve Ferroneを除いてメンバー全員白人なんです。
AWB のファンクは彼のドラムと言っていいでしょう。めっちゃデカイらしいです。音が。
またg/voのHamish Stewartのファルセットも美しくそして妖しく響きます。

(代表曲)
*Pick up the pieces
ファンク・クラシックスの中でもマスト中のマストアイテム。
昔ダルファー姐さんがカバーして流行ったけど、やはり本家。ヘヴィー。
*Cut the cake
JBっぽいノリが小気味良くってGood。踊るならコレ。
*Love your life
グッと重いファンク。サビ後のホーンのリフが印象的。

(主なアルバム)
*AWB(Pick up the pieces収録、IsleyのWork to do のカバーも)
*Cut the Cake珠玉のバラード"If I Ever Lose This Heaven"収録
*Person to Person(大傑作ライブ、上の3曲のほかに、Marvin Gaye の「悲しいうわさ」も快演)

他にA-Funk を聴くなら…

Archie Bell & the Drells/Tighten up
このバンドはこのタイトルチューンに尽きます。要するに一発屋さんですね。
この曲も激しくマスト。これで腰が動かなければ脊髄に異常あるかも。

|

« 何が何でもP-Funk | トップページ | 【訃報】ウィルソン・ピケット »

FUNKY TEXT」カテゴリの記事

コメント

■生駒のいぐいぐです。今ごろ、ChapterA にコメント入れて
 すんません。 Average White Band には一時狂ってました、
 リアルタイムで。 金さんが代表曲として挙げておられる
 Pick up the pieces、Cut the cake、どちらもドーナツ盤を
 持ってます。
■75年ころは、「ディスコ○○」っていうイロものが流行って、
 その文脈で捉えられたAWBも音楽として認知されなかった
 と記憶してます。 けど、ディスコではいちばん受けてたなぁ。

投稿: いぐいぐ | 2006/07/03 23:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88376/8246108

この記事へのトラックバック一覧です: FUNKY TEXT Chapter A:

« 何が何でもP-Funk | トップページ | 【訃報】ウィルソン・ピケット »