« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

ジャズファンク2題

えー ようやくファンクに戻りました
久々にAmazonでお買い物です
edihenflyingdutchman
左がEddie Henderson、右がFlying Dutchmanレーベルのコンピ

エディヘンは、先にこのベスト盤第2弾
edihen2
を買っていたのですがコレがもう
「オマエはマイルスかっ」と言いたくなるような感じでして、
それでいて異様にスペイシーな音作りにクラクラきたもんです
それにヘッドハンターズの連中がハンコック連れでかんでるもんやから
激ファンク仕立ての、まさに阿鼻叫喚度★★★★★なアルバムでした
で、順番が逆になったんですが第1弾をようやく手に入れ、早速…
あれ えらくポップやん ていうかなんじゃこりゃ 後半はディスコ?
フュージョン? 崩れ? みたいななかなかガックリ来るものがありました
当時のジャズファンク屋のおかれた世相を反映してか、70年代後半に
売れなくなってきたジャズファンク屋がディスコに手を出し自滅するという
典型的な例を辿ってしまっていたのでした エディヘンよ お前もか

いや、エディヘンはこんなもんやないでと言うことで出したのが第2弾
やったりしてと思うほど内容に差がありありです

逆にFlying Dutchmanは、お世辞にも成功したとはいえませんが、
Bob Thieleが頑なにスピリチュアル・ジャズ・ファンクにこだわったコンセプトと、
Bernard"ダチーチー"Purdieがいつになくシリアスにそれに呼応し、当時の
先鋭ミュージシャン達の熱気がググッと凝縮されている、そんなレーベルです
短命でしたが、その分非常に質が高く、かつ濃いレーベルでした
最近ではDJサンたちがここいらをdigされていらっしゃるようです

冒頭の3曲はLonnie Liston Smithです この当時はかなりカッコイイ音を
繰り出してたんですが、彼もディスコに魂を売り渡してカスカスの音楽を
垂れ流してしまった一人です

レオン・トーマスやガトー・バルビエリなど、名前は知ってるけど初耳な
ヒトも入っててなかなかかっこええし、パーディーは控えめに叩いて
いながら実にファンキーで躍動感あるし、何か「オマエら好きにやれや」
的なBob Thieleの懐の深さを感じます

決して商業的には大成功しなかったが濃密なFlying Dutchmanと、
それと対照的なエディヘンの後期と、両方いっぺんに聴いてやや複雑な
心境です でもオレはやっぱり濃い方がええなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザッパ師さらに走る

youarewhatyouis
you are what you isです
前回といい今回といい、いっこもファンクとちゃうやん! っていうツッコミ入れない!!
たまにはこうゆうのも聴くんですっ

えー 凡百のロック音楽と一線を画するどころかすっかり別の世界であることろは
あのクリントン師のP印と同じであります そういや「黒いザッパ」って呼ばれてたっけ

とにかく予想がつかない展開とアルバム全体の編集のうまさで一気に聴けてしまいます
これだけバラエティーに富んだ曲をまとめあげるザッパ師の仕事に拍手ですわ

歌詞の意味の裏側がわかれば楽しいことこの上ないのでしょうが、そうでなくても
下世話でエッチ臭く、それでいてマジメな雰囲気はビシビシ伝わってきます

どの曲もいい! こりゃあちょっと本気でDigするか
コイツを片手に
mmzappa
1986年10月のミュージックマガジンです
そういやこれが初めて買ったミュージックマガジンで、ここから歪んだ音楽生活が
始まったと言えましょう

そして今、当時の資料を引っ張り出してまたもや深みに…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ザッパ師走る

zappa1
昨日、図書館で借りましたSheik Yerboutiでございます
相変わらずザッパはどこから手をつけていいかわからないんですが、
昔買ったJoe's Garageと、今週のCDチェンジャーでも紹介した
ザールブリュッケンでのライブ盤、そして今聴いてもめまいのする
Freak Out! 、それから知り合いに勧められて買ったOne size fits all
あたりを中心に揃えつつあります

で、Sheik Yerbouti。
まず、図書館モノらしく解説書紛失(笑) 仕方なく家のザッパ本で知識を補う。
内容。帯の能書きを見たら借りたくなくなるようなエログロさを強調。
ええおっさんが図書館で「キュウリのチ○ポ」とか書いたCD持って
ウロウロしてたら近寄りたくないやろなあ

と思いながらウロウロ

音楽は抜群にいい!期待通りのごった煮でアホらしくて真面目でカッコイイ!
ザールブリュッケンでのライブ盤でやってたDancing FoolやCity of tiny lightsも入ってて、ライブ演奏のレベルの高さを再認識しました

「ザッパって、どんなん?」と問われたら、Sheik Yerboutiを聴いてもらうのがいいかもしれません
間違ってもFreak Out! から入らないように(笑)
もうちょっとオトナになってから聴きましょうね初期の作品はって感じです

「ファンク好きやったらZeppelinの後期とJoe's Garage周辺のZappaを聴け」と昔誰かに言われたことがあって、Zepはかなり聴いたけどZappaは手薄でした
これから精進しようと思います 師走はZappa師匠でスタートです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »