« ィヨコハマタワレコにて | トップページ | 叩くファンク »

読むファンク

ここに「ファンク 人物、歴史そしてワンネス」っていう本があります
funk
1998年10月に出た当時即買いしたみたいですワタクシ
今は絶版になっているようで、復刊の可能性もなさそうです

買った当初「なんちゅう濃い本や」と思い、一応最後まで読みましたが
あまり印象がありませんでした

で、最近急に思い出して本棚から引っ張り出して約7年ぶりに読んでるんですが、
文字で説明するには限界がありますねぇ 音楽というのは
「どのような音楽形態をもってファンクと呼ぶのか」という定義に始まり、ファンクの
変遷を当時の黒人社会を背景にしながら解説して90年代のヒップホップがファンクを
再生したというところまで書いてあります

約500ページにわたる渾身の著書ですが、最も重要なことは最初の「ファンクとは」の
3ページに全て書かれてあります
復刊しなさそうなのでここで引用したいのですが、著作権がらみがややこしいので
ここでは省かせて頂きますが、要はカッコいいと感じるものがファンクなのだそうです

ほな読んでわかるもんとちゃうやん

と思うわけですが、感じるヒトにはより深い理解が得られると思います
まあ理解したところでどうっちゅうことはないんですがね

もともと論文から作った本なので、引用や索引がしっかりしています
ファンクにとどまらず、黒人と黒人音楽の歴史を広く理解するには素晴らしい
資料だと思います

しかしアメリカではこんな論文が通るんですね スゴイ国やなぁ

というわけで久々にインスパイアされた私はこんなものを買いました
jimi

紛れもないファンクです すごいわ お こんな雑誌も本棚にあったぞ
mag1
次はコレやなぁ そして次の獲物はマイルスの「パンゲア」「アガルタ」あたりかな

|

« ィヨコハマタワレコにて | トップページ | 叩くファンク »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88376/6355047

この記事へのトラックバック一覧です: 読むファンク:

« ィヨコハマタワレコにて | トップページ | 叩くファンク »