« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

学ぶ?ファンク

mirufunk
コレも昔買ったビデオで、左がダチーチーさん、右がポール・ジャクソンさんです
ダチーチーさんには清水興さんが、ポールさんにはマイク・クラークさんがついてます
両方ともリットーミュージックから出てるWorkshopモノなんですが、これが
ちっとも教則ビデオじゃない! ドラム初心者には何の参考にもならない!
自慢話満載でエゴイズム全開、「一番大事なのはグルーヴを感じ続けること」
「まぁ、とにかく見てくれ」など、技術論はほぼ皆無で、精神論的かつ有無を
言わせぬ展開で視聴者をグイグイ引き込むというよりはどんどん引き離す
素晴らしい教則ビデオです(笑)
まったく自分たちの世界に浸りきって演奏したはりますわ

やはり結局、ファンクをやるときはグルーヴを感じながら、何も考えずにやるのが
いちばんいいようです

何も考えないであそこまで出来るようになるにはどうしたらええんや?
という疑問が残りますが、浴びるように音楽を聴く他ないようです

あと、このシリーズには
JBを支えたドラマー、クライド・スタブルフィールドとジョン"ジャボ"スタークスの
「ザ・ファンク・ドラム」
ラリー・グラハムの「ファンク・ベース・アタック」
があります これですわ
video

上記2点同様、何の参考にもならないと思いますが、副読本ということで、
見つけたら買おうと思います 懲りんやっちゃなぁ オイラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

叩くファンク

ubiquity
ubiquityのシリーズで、もう1枚あるようです
2枚使ってドラムフレーズ(ブレイク)をループさせて遊んだり仕事したりするヒト用の盤のようです
ubiquity2
いつ買ったのか覚えていませんが、今日突然思い出してレコ棚から引っ張り出して
聴いてみました やっぱりダチーチーはパーディーに限ります
ダチーチーがわからないヒトは「コテコテ・デラックス」を読むべし!

そのダチーチーを含め、よく耳にする決めのフレーズ満載 ネタ帳みたいなもんですな
ファンキードラマー志望のヒトはコイツをよーく聴いて一通りマネできるようになったら
一応サマにはなると思います

マイク・クラークさんのタイコはなかなか手強いです パーディーは結構ワンパターン
ですが、クラークさんは技術もさることながら、

どう聴いてもそれって手クセでしょ!?

的なフレーズが多いです 500回ぐらい聴いてクラークな手にならんとあかんかも

あのーくれぐれも「完コピ」とか考えないようにしましょう 絶対出来ませんから
あくまでも参考資料として、あっこのフレーズ頂き! 的にサンプル使いが吉です

あんまり聴き込むレコードではなく、5分くらいで飽きます(笑)
ホンマ資料ですわ でも重要なのは、この演奏をどっかの曲からぶった切って
持って来たんじゃなく、彼らがこのために叩いたナマ録音であるということです

クラークさんの、スネアのチョイミスなショットなんかもちゃんと入ってます

そういうのも含めてリアルなグルーヴを感じられると思います

しかしなんでこんなレコード買うたんやろか 買うといてよかったわ(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

読むファンク

ここに「ファンク 人物、歴史そしてワンネス」っていう本があります
funk
1998年10月に出た当時即買いしたみたいですワタクシ
今は絶版になっているようで、復刊の可能性もなさそうです

買った当初「なんちゅう濃い本や」と思い、一応最後まで読みましたが
あまり印象がありませんでした

で、最近急に思い出して本棚から引っ張り出して約7年ぶりに読んでるんですが、
文字で説明するには限界がありますねぇ 音楽というのは
「どのような音楽形態をもってファンクと呼ぶのか」という定義に始まり、ファンクの
変遷を当時の黒人社会を背景にしながら解説して90年代のヒップホップがファンクを
再生したというところまで書いてあります

約500ページにわたる渾身の著書ですが、最も重要なことは最初の「ファンクとは」の
3ページに全て書かれてあります
復刊しなさそうなのでここで引用したいのですが、著作権がらみがややこしいので
ここでは省かせて頂きますが、要はカッコいいと感じるものがファンクなのだそうです

ほな読んでわかるもんとちゃうやん

と思うわけですが、感じるヒトにはより深い理解が得られると思います
まあ理解したところでどうっちゅうことはないんですがね

もともと論文から作った本なので、引用や索引がしっかりしています
ファンクにとどまらず、黒人と黒人音楽の歴史を広く理解するには素晴らしい
資料だと思います

しかしアメリカではこんな論文が通るんですね スゴイ国やなぁ

というわけで久々にインスパイアされた私はこんなものを買いました
jimi

紛れもないファンクです すごいわ お こんな雑誌も本棚にあったぞ
mag1
次はコレやなぁ そして次の獲物はマイルスの「パンゲア」「アガルタ」あたりかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »