« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

今週のCDチェンジャー

SA330046
です 自動車通勤の私の車内はこんな感じです
片道30分、大体これで2週間持ちます
久々にレッチリとSteve Colemanが聴きたくなって、それを中心に
選んでみました
下段左2は、大事なのはビートとグルーヴで、拍子なんてどうでもいい
ということがよくわかる大名盤です 表現した結果変拍子になるのは
ごく自然なんですね

昔一緒にやってたギタリストが作ってきたリフがどうもおかしくって
でもやたらかっこよくって、わかる人に聴いてもらったら13/8だった
ということがありました 作った本人は楽譜の読み書きが全くできません

これじゃあ演奏がしんどいので14/8で堪忍してもらいましたが、
今Colemanを聴きながら考えると、作ったままの方が断然かっこよかった
ことがよくわかりました

上段右2枚はブーツィー加入直後のパーラとファンカです
これまた混沌としていて面白い! ええ感じのロックアルバムですわ
ブーツィーも堪り兼ねてとうとうファンカ7曲目で唄ってしまいます

中段のZAPPAは、海賊版騒ぎでZAPPAが怒って版権を買い占めて
再発したものです 上手にライブ録音してますわ 激ファンキーです
Village of the sun はいつ聴いても美しい曲ですな
そしてKeep it greasyはいつ聴いてもさぶいぼモンですな
そしてヴィニー・カリウタはいつ聴いてもアホですな

その両隣は私が好きなギタリスト、左2枚はDavid Fiuczynski、右の
鉄格子はVernon Reidです
変なギターが聴きたい人は是非どうぞ かっこええで

そして右下にモッコリと、飛び出しそうな頭の黒い新幹線が
Last Poets の Freedom Express 甲高い語りがどうにもこうにも漆黒です

これで梅雨明けまで頑張ろうと思います


| | コメント (0) | トラックバック (0)

レコ評その7: 阿弗利加音楽機械

まずはこの見事なまでのコテコテアフロをばとくと御覧あれ!
amm
African Music Machineです もう誰やねんって感じです
どこ切っても底抜けにご陽気なファンクですわ それもそのはず
シングルを寄せ集めて強引にアルバム化したネタのようです
A1:Black Water Goldのタイトさはあと引きますわ おいしいなぁ これは
A2: Mr. BrownはズバリなJB賛歌です 演奏もJBマナーです ルーズやけど

ややがらっぱちなところはKool & The Gangにも通じますね

これ系ですね コイツ系とも言えましょう

イヤーこりゃあ買ってよかったよ またお世話になります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レコ評その6: ういりーぼぼ

bobo_willie_dowhatyou_101b

WILLIE BOBO/DO WHAT YOU WANT TO DO
です 試聴したときに「クルセイダーズみたいやなぁ」と思い
買ってみましたらやはり南部っぽいいなたさを出してました

若干のメロウを含め、全体的にかなりニオイがキッツイです
ファンキーな曲はオリジナル、メロウ系はカバーといった感じです
しかしCome Togetherのカバーはかなりキてますわ

クルセイダーズ好きには是非聴いて頂きたい逸品です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »