« 2005年3月 | トップページ | 2005年6月 »

ファンクなワケ その5

脊髄派って
いったい
ナニ?

音楽するヤツには、頭で考えるのとそうでないのとがある
そうでないのは自身の感覚が正しく、それのみが頼り

感じたものを考えずにそのまま出す それが脊髄派
考えるのは大脳派

脊髄派がやるのが脊髄音楽、大脳派は大脳音楽
と脊髄派が言うようになった

そうやって自分の居場所を必死で作ろうとした

そして

とうとう脊髄派が政権を握った

が、わずか2年間であっさり終わった
さすが脊髄派 やはり主流は似合わない

その後さらに独自の深化を遂げていく
さらにディープに さらにドス黒く

などとカッコよく書いてるけど結局ファンクって当時のサークルでは
マイナーだったわけよ それを楽しんでた節もあるしね

巷では今年はブルース元年とか言うてますけど
元年で終わるでしょうね 終わってほしいですね

こんなものが日本でメジャーになるハズがなかろう

江戸アケミが自分の歌で言うてた
「ファンキーが大好きだなんて 笑わせるんじゃないぜ」

でもカッコエエよ アケミに笑われても大好きやなあ

ファンク

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ファンクなワケ その4

で、早速その人たちとバンドを組むことに。
当時そのサークルでは、いわゆる黒人音楽というものが取り上げられていなかった
だからそういうモノに手を出す我々は異端であり外道だった
それでも楽しくてしょうがなかった ブルース、ソウル、R&B、そして

ファンク

今まで聴いてきた音とはまた違う新鮮なモノ。
いなたいテキサスファンク全開のクルセイダーズ
狂おしいNYパンク・ファンクの雄
デファンクト
ジェイムズ・チャンス&コントーションズ

ブルースやファンクをコアとし、フリージャズを巧みに取り入れた
ジェイムズ・ブラッド・ウルマー
ジャマラディーン・タクーマ
ロナルド・シャノン・ジャクソン

こんなのを聴きまくったのもこのハタチ前後の数年間だった
そして偏食がちだったがこの時期にかなり成長したと思う

そんな外道たちがいつしかひっそりと、自嘲的ではあるがひとつの派閥を作った

「脊髄派」

なんやそれ?

と思った人はもうハマってます ご愁傷様です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年6月 »